タグ別アーカイブ: アフィリエイト 稼げない

アフィリエイトはオワコン?

【アフィリエイトってオワコンだったの!?】

こかの誰かが言っていた。アフィリエイトはオワコンだと。ネットビジネスは稼げないと。
そして今日もどこかで、「ネットビジネスはオワコン」「アフィリエイトはもう稼げなくなる」「アフィリエイトは稼げない副業」と、誰かが声高らかに発信しています。
2011年代も2013年代も、2015年代も、散々に言われてきたことです。

【広告の一手段】

フィリエイトには提携という意味があります。
辞書的な意味はこれですが、現実的なものとしては「商品紹介」で問題ありません。
商品を紹介してその報酬を得る。
モデルとしてはすごくシンプルで、個人から組織規模(企業)まで本当にいろんな人がアフィリエイトを利用しています。
つまり、販売者としてアフィリエイトを使い広告を出す人と紹介者(アフィリエイタ―)として報酬を得る人の2種類ということです。
販売者側からすれば、確かにアフィリエイターに報酬を払う必要こそあるものの、彼らを利用することで自分たちではリーチできない見込み客をも取り込めるので
集客のスピードが段違いになります。結果、収益が拡大するわけですね。
また、アフィリエイトは広告の1種でしかなく
毎月の広告費をきちんと計算した上で(どこまでなら採算がとれるか)行えば全く問題ありません。
で、これがオワコンなのかどうかなのですが、それは販売者次第です。
とその前に、誰にとってオワコンなのかを考える必要があります。
大抵ネット上で「アフィリエイトはオワコン」と言われる時は、「アフィリエイトではもう稼げない!」という意味で使われています。
参入者が増えてライバルが沢山いるからとか各アフィリエイターのレベルが上がっているから参入障壁が高くなったとか、理由は様々です。
まぁ理由はいくつかあるようですが、そもそも販売者ありきのアフィリエイトです。
ライバルがどれだけできようがそんなものは自分の実力を上げることでいくらでもカバーできます。
よって他者の存在は大して気にしたものではありません。
でもアフィリエイトする商品があるか無いかは非常に重要です。
その販売者がアフィリエイトを利用しなければもうその商品を紹介できませんので。
ただ、実を言うとこれもそこまで気にならないものです。
似たようなジャンルの商品なんで腐るほどあるわけで仮にその商品が販売停止になっても代替品を探して来ればいいだけの話です。
また、この世界は常に1位が変動します。次から次へと新商品が登場するわけですから、
「アフィリエイトできる商品が無い!」なんてことにはなりえないでのす。
アフィリエイトの市場規模についての参考記事
また、アフィリエイトの市場規模は2000億円ともいわれ、アフィリエイトを包摂するEC市場(ネット通販)の市場規模は将来的に60兆円まで拡大するといわれています。
ちなみに、情報教材のアフィリエイト市場は年間50億円です。
ネットにお金が流れている現代ですから、こうした傾向も自然な流れといえます。
こうしたことから、「アフィリエイトオワコン説」はちょっと的外れな意見だと分かるでしょう。

【ニーズの時代は終わった】

れからはニーズではなく、個々人の個別的な欲求であるウォンツを満たす時代です。
要するに悩みが細分化されていくということです。
どんどん細かくなっていくので、これまでのようなマスマーケティング(一斉にドカンと広告を出して云々)は段々と通用しなくなっていきます。
究極は完全なるオーダーメイド。
その人に合った商品・サービスを作れる人が最大の富を得ることになります。
例えばネットビジネスひとつとっても手法は様々にあるわけですが、その中でもどういったものを選択するかは個人の生活環境で変わります。
その時にベストな手法を提案できる人が、これからは支持を得るということです。
「ネットビジネスは絶対に不用品転売から始めましょう!」といった通り一辺倒な指導しかできないようではダメということです。
物販から始めなくてもネットビジネスで成功する方法を真剣に考えられる人にこれからは富が集中します。
また、話が前後しますが個別的な対応ができるとなお最強です。
その人のためだけに商品を作って販売できれば、あなたは絶大なる信頼を得ることができます。
「でも個別的な商品を作ってもその人だけにしか売れないのでは?」という心配は無用です。
確かに人はそれぞれ異なった悩みを抱えていますが、例えばネットビジネス初心者がぶつかる壁、中級者がぶつかる壁は大抵同じです。
つまりある特定人のために作ったものでも、ちょっと抽象度を上げてその周辺の人たちに売ることもできるのです。

【ってアフィリエイトの話でしたよね(;゚Д゚)】

フィリエイトにしても同じです。
アフィリエイトは他人のコンテンツを扱うことになりますが、必ずある悩みを抱えている人の問題解決をする商品が存在します。
あとはそれをリサーチして、その悩みを抱えている人たちを集め、商品提案をすればとりあえずビジネスは成り立ちます。
この世界に悩みを抱える人たちがいる限り、商品やサービスが消えることはありません。
そして昨今のEC市場(アフィリエイト市場含む)の動向から見てもアフィリエイトが下火になることはありません。
後はやるかやらないか、その選択だけですね。
それでは!
 

著者プロフィール



アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:アフィリエイトを今から始めても大丈夫?

【逆になんで大丈夫じゃないの?】

フィリエイトはまだ稼げますか?」
「今から始めても間に合いますか?」
「ライバルが増えて稼げなくなることはありますか?」
という質問をよ~くいただきます。
アフィリエイトやネットビジネスに興味を持ったものの、こういった不安がチラつくのもまぁ分かります。
というわけで、今回はそれらの疑問に回答する形で参ろうかと。

【まだ稼げるどころか死んでも稼げる】

論はこれです。
もちろん、自分がアフィリしたい商品が販売を停止すれば、その商品を紹介できなくなるということはあり得ます。
でも、「そのジャンルの商品」は他にもあるはずです。
例えばあなたが、「○○ダイエット」的な商品をアフィリしていたとして、ある日それが販売停止になってしまったとします。
この場合、類似の商品を探して再度アフィリすればその後も変わらずにビジネスを展開できます。
あまりにマニアックなものでない限り、同ジャンルの商品は必ずありますので万が一の時も焦らずに代替商品へシフトしましょう。
また、必ずしも類似商品をアフィリしなければならないわけではありません。
その分野の「周辺」にあるものに変えてもいいのです。
例えば私は、あるメールマーケティング教材をアフィリしています。おかげさまでよく売れています(笑)
もしこの教材が販売停止しても、私は別の商品をアフィリできますしメールマーケティングに関連する「セールス」を学ぶ教材や
「集客」を学ぶ教材をアフィリすることもできるのです。これが、「周辺」の商品をアフィリするということですね。

【人が「購買」を辞めない限り稼げる】

017年11月現在、人が購買を辞める兆しは見えません。
ということは、「売る・買う」の関係は相変わらず存続しているということです
つまり今から始めても余裕で稼げるチャンスはあります。もちろんそのためには勉強も準備も必要です。
これ無くして稼げるはずもなく、逆にこれ無しで稼げると豪語する輩はもれなく詐欺師なのでご安心ください。
いずれにしてもあなたが「売るための型」をきちんと学んで、それを実践し続ければ全く稼げない、大きな金額を稼げないということはまずありません。
結局多くの人が挫折する原因は成功するまで続けないからです。
アフィリエイトにしろメールマーケティングにしろ、モデルとしての完成度、手法としての完成度はこれまで多くの成功者が証明しているわけですから、後続組はそれを追えば良いだけの話です。
スポーツで言えば、プロのフォームを真似て自分でもできるようにしていく感じです。
もちろん1日や2日でできるものではありません。飽くなき検証と実践の繰返しが伴うでしょう。
でもアフィリエイトなどのネットビジネスはスポーツとは違い、正しい努力を続ければ1年を待たずに結果が出てくれます。
だから続けない方が勿体ないんですよね~。

【ライバルは存在しないって知ってる?】

まず、隣がいない

ラーメン屋の隣にラーメン屋
サロンの隣にサロン
コンビニの隣にコンビニ
こんな出店の仕方をすれば出店すればそりゃ熾烈な戦いか待っているでしょう。
しかしネットは違います。そもそも物理空間とは違い「隣」という概念がありません。
あるとすれば、あなた対お客さんの関係(二者)くらいです。
つまり、お客さんを呼び込み然るべきサービスをすればお客さんはあなたから商品を買うわけですよ。
つまり必要なことはお客さんを呼ぶ努力、集客ですね。

増えるどころか足りねぇ(笑)

アフィリエイター人口は400万人と言われています。
この数字は全人口の3%ほどです。
そう考えればかなり少ない数字だと分かりますが、実際はもっと少ないです。
つまり、「まともにできている人」という条件で絞ればもっと減るということです。
アフィリエイトは誰でも無料で参入できます。恐ろしく参入障壁が低いのです。
でも簡単に参加できるからといって簡単に稼げるわけではありません。
だからこそ、アフィリエイタ―の95%は月に5000円も稼げないといわれているのです。
つまり400万人のうち380万人は月に5000円すら稼げていないということです。
「でも稼げている人は20万人もいるじゃないか!」とあなたは思われたかもしれません。
そう、確かに「今」は稼げている人たちは一定数います。
でもそのほとんどの方の収入減は「ブログ」なのです。
何が言いたいかというと、ブログというのはその収入が「検索」に左右されます。
つまり、検索アルゴリズムの変化によってサイトの検索順位が下がったり検索除外になったりすれば、それまでの収入が途端に0になるということです。
「ブログは資産~♪」とドヤっている人が多いですが、私は失笑を禁じ得ません。もう大爆笑です。
確かにアクセスが安定してそこからの成約率も安定すれば資産にはなるでしょう。
しかし、先に挙げたリスクがある以上、ブログを稼ぎの中心に据えることは危険過ぎるのです。
にもかかわらず、現状多くの人が「ブログ」に取り組んでいます↓
 
ane
今はまだ稼げているのかもしれませんが、いつか「その時」が訪れた時は目も当てられないでしょう。

【数字は気にするな。何に取り組むかを気にしろ】

りあえず、実践者が400万人いようが1000万人いようが知ったこっちゃありません。
それに、アフィリエイトのジャンルにしても
・資格講座
・クレジットカード
・恋愛
・各種スポーツ上達講座
・占い
・家具
・ダイエット
・化粧品
・器具
・サプリ
などなど、もう例を挙げるのが面倒なくらいたくさんのジャンルがあります。
つまり、400万人が全員同じものに取り組むわけではないので、被るという現象も実はそれほど起きないのです。
あとは自分で提供できる価値を見つけてアフィリエイトに取り組めば、稼げないなんてことはまずないのでご安心くださいな。
ここで重要なのは、繰返しになりますがどのモデルに取り組むかです
相変わらず多くの人はブログアフィリが好き見たいですが、もしあなたが「本当の資産型収入」を築き上げたいならブログではなくメールマーケティングに取り組んでください。
これにはビジネスの原則から来るちゃんとした理由があります
その辺の詳しい話や具体的なメールマーケティングノウハウは、以下の無料講座で限定公開しています↓

アフィリエイトで稼げなくなる人続出?

【アフィリエイトで稼げなくなるかも?】

フィリエイトの中でも私が推奨しているモデルといえば
メルマガを使ったマーケティングです。
いわゆる「メルマガアフィリエイト」や
「リストマーケティング」と呼ばれている手法ですね。
メルマガであれば好きなタイミングでお客さんにアプローチでき、
検索エンジンに頼らずとも半永久的に稼げるので非常に魅力的です。
・・・が。
ちょっと考えを変えないと
今後盛大に失敗する人が出てくるかもしれません・・・

【自分がすべきオファーを見めろ】

欺系ローンチでも、特に「大御所(笑)」といわれる人たちが動くタイミングでは、
それにぶら下がっている雑魚どもメルマガもそのオファーで一色になります。
たいていは主催のASPが用意しているコピペの広告文を使いまわしているので一発で分かるのですが。
どう考えても「稼げない高額塾」か「うまみのないMLM(ネットワークビジネス)のオファーが
背後に控えている無料オファーですが、私はそんなことはどうだっていいのです
問題はそれを平気で読者に流せてしまうメルマガ発行者のクソ神経の方です
こんな情弱釣りのオファー、ちょっと調べればどんなものかは初心者でも想像がつきます。
つまり、そのメルマガ発行者の信用が落ちるのも時間も問題ということです
にもかかわらず、私が確認しただけでも5人の発行者が
同様のオファーを同じような文言※でメールを送ってきました。
(※オファー提供者が用意した紹介サンプル文を
 そのままコピペして配信しているものと思われます)
もちろん、全て解除しましたが(´・ω・`)

【アフィリエイタ-初心者ほど信用をすぐに無くす】

分で知恵を絞ってお客さんとの関係を築けないアフィリエイターは、
のように連鎖的に解除されるのが一番怖いのではないでしょうか?
「こんなオファーを平気でするくらいだから、
 こいつもこいつもダメな奴に違いない」というように。
「たがが数千万人いる見込み客のうちの1人に嫌われただけ」
と高を括ってはダメですよ。
さっきも言いましたが、
問題なのはこういったいかにもアレなオファーを
平気でしてしまうその腐りきったメンタリティーにあるのですから。

【右向け!】

回のオファーは典型的なインチキノウハウ系でしたから
見極める力を鍛えなくても瞬時に判断がつきます。
でも厄介なのはそれ以外の本当に微妙な商品です。
ここでその情報販売者の真価が問われます。
多くの人が絶賛しているものほど注意してください
大多数が「これは素晴らしい商品です!」と讃えれば讃えるほど、
あなたは鋭い目でその商品を観察しなければなりません
あくまでも、その商品が本当に良いものかを決めるのはあなたです。
周りが絶賛しているから自分もその体で行こうというのはナシです。
それではあなたの存在意義が無いではないですか。

【猿真似アフィリエイターにはなるな】

とえそれが100人中99人に否定されてもいいんです。
その中の1人にでも刺されば、あなたの熱狂的なお客さんに変わります。
そしてその熱狂的なお客さんを1人見つけられたとしましょう。
おめでとうございます。
少なくともあと1000人(以上)、
あなたの熱狂的なお客さんになり得る人が存在しています。
私たちはこういうコアなお客さんを探すべきなのです。
間違っても「同じような発信をしてあわよくば稼げればいい」と考えているような
猿真似・コピペ至上主義のアフィリエイタ-になってはダメですよ。
どんなに怖くても自分の言葉を発信すること
これが圧倒的に稼ぐための第一歩となります。

【最終的には、無料オファーになんて頼るな】

極的に目指す境地はここですね。
正直最近の無料オファーはひどいものです。
たった1分の作業で月収100万円?
スキル不要?
知識不要?
経験不要?
性別不要?(←実際にあった文句ですがもはや意味不明です)
勉強不要?
ボタンをポチっと押すだけで月収100万円?
リスク0?
もうね、まるで成長していません
いわゆるプロダクトローンチ業界の人たちはアルツハイマーなのかと疑ってしまいます。
2011年前後からこういったオファーが目立ち始めましたが、
全然変わっていませんね。
多分2020年の東京オリンピック後もこんな感じじゃないですか。
要するに馬鹿でも楽して稼げる旨を謳うオファーが
あまりにも多すぎるということです。
「ネットビジネス=そういうもの」と思われている節もあります。
むしろ多くの人はそういう認識なんでしょう・・・
話が逸れましたが、
無料オファーのほとんどはこういったバカ向けオファーです。
それを得意げにメルマガで流している場合ではありません。
そんな痛い情報発信者になったらもう終わりです。
理想的なメルマガ運用スタイルは日々自分の理念・思想を読者と共有し
然るべきタイミングで有料オファーをしてキャッシュを発生させるというものです。
基本的なことですが、やっぱりこれが一番稼げる形ですね。
(アメリカで誕生してからゆうに100年以上続いている
 ダイレクトレスポンスマーケティングは伊達じゃありません)
無料だから成約しやすいという安易な理由で
小銭を稼いでも全く意味がないんですよ。
それでは自由には程遠いですね。
ネットビジネスで圧倒的な経済的自由を手にするためには、
商品やサービスを「売って稼ぐ」ことが必要です。
それでは!