タグ別アーカイブ: アフィリエイト 稼げるのか

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:アフィリエイトを今から始めても大丈夫?

【逆になんで大丈夫じゃないの?】

フィリエイトはまだ稼げますか?」
「今から始めても間に合いますか?」
「ライバルが増えて稼げなくなることはありますか?」
という質問をよ~くいただきます。
アフィリエイトやネットビジネスに興味を持ったものの、こういった不安がチラつくのもまぁ分かります。
というわけで、今回はそれらの疑問に回答する形で参ろうかと。

【まだ稼げるどころか死んでも稼げる】

論はこれです。
もちろん、自分がアフィリしたい商品が販売を停止すれば、その商品を紹介できなくなるということはあり得ます。
でも、「そのジャンルの商品」は他にもあるはずです。
例えばあなたが、「○○ダイエット」的な商品をアフィリしていたとして、ある日それが販売停止になってしまったとします。
この場合、類似の商品を探して再度アフィリすればその後も変わらずにビジネスを展開できます。
あまりにマニアックなものでない限り、同ジャンルの商品は必ずありますので万が一の時も焦らずに代替商品へシフトしましょう。
また、必ずしも類似商品をアフィリしなければならないわけではありません。
その分野の「周辺」にあるものに変えてもいいのです。
例えば私は、あるメールマーケティング教材をアフィリしています。おかげさまでよく売れています(笑)
もしこの教材が販売停止しても、私は別の商品をアフィリできますしメールマーケティングに関連する「セールス」を学ぶ教材や
「集客」を学ぶ教材をアフィリすることもできるのです。これが、「周辺」の商品をアフィリするということですね。

【人が「購買」を辞めない限り稼げる】

017年11月現在、人が購買を辞める兆しは見えません。
ということは、「売る・買う」の関係は相変わらず存続しているということです
つまり今から始めても余裕で稼げるチャンスはあります。もちろんそのためには勉強も準備も必要です。
これ無くして稼げるはずもなく、逆にこれ無しで稼げると豪語する輩はもれなく詐欺師なのでご安心ください。
いずれにしてもあなたが「売るための型」をきちんと学んで、それを実践し続ければ全く稼げない、大きな金額を稼げないということはまずありません。
結局多くの人が挫折する原因は成功するまで続けないからです。
アフィリエイトにしろメールマーケティングにしろ、モデルとしての完成度、手法としての完成度はこれまで多くの成功者が証明しているわけですから、後続組はそれを追えば良いだけの話です。
スポーツで言えば、プロのフォームを真似て自分でもできるようにしていく感じです。
もちろん1日や2日でできるものではありません。飽くなき検証と実践の繰返しが伴うでしょう。
でもアフィリエイトなどのネットビジネスはスポーツとは違い、正しい努力を続ければ1年を待たずに結果が出てくれます。
だから続けない方が勿体ないんですよね~。

【ライバルは存在しないって知ってる?】

まず、隣がいない

ラーメン屋の隣にラーメン屋
サロンの隣にサロン
コンビニの隣にコンビニ
こんな出店の仕方をすれば出店すればそりゃ熾烈な戦いか待っているでしょう。
しかしネットは違います。そもそも物理空間とは違い「隣」という概念がありません。
あるとすれば、あなた対お客さんの関係(二者)くらいです。
つまり、お客さんを呼び込み然るべきサービスをすればお客さんはあなたから商品を買うわけですよ。
つまり必要なことはお客さんを呼ぶ努力、集客ですね。

増えるどころか足りねぇ(笑)

アフィリエイター人口は400万人と言われています。
この数字は全人口の3%ほどです。
そう考えればかなり少ない数字だと分かりますが、実際はもっと少ないです。
つまり、「まともにできている人」という条件で絞ればもっと減るということです。
アフィリエイトは誰でも無料で参入できます。恐ろしく参入障壁が低いのです。
でも簡単に参加できるからといって簡単に稼げるわけではありません。
だからこそ、アフィリエイタ―の95%は月に5000円も稼げないといわれているのです。
つまり400万人のうち380万人は月に5000円すら稼げていないということです。
「でも稼げている人は20万人もいるじゃないか!」とあなたは思われたかもしれません。
そう、確かに「今」は稼げている人たちは一定数います。
でもそのほとんどの方の収入減は「ブログ」なのです。
何が言いたいかというと、ブログというのはその収入が「検索」に左右されます。
つまり、検索アルゴリズムの変化によってサイトの検索順位が下がったり検索除外になったりすれば、それまでの収入が途端に0になるということです。
「ブログは資産~♪」とドヤっている人が多いですが、私は失笑を禁じ得ません。もう大爆笑です。
確かにアクセスが安定してそこからの成約率も安定すれば資産にはなるでしょう。
しかし、先に挙げたリスクがある以上、ブログを稼ぎの中心に据えることは危険過ぎるのです。
にもかかわらず、現状多くの人が「ブログ」に取り組んでいます↓
 
ane
今はまだ稼げているのかもしれませんが、いつか「その時」が訪れた時は目も当てられないでしょう。

【数字は気にするな。何に取り組むかを気にしろ】

りあえず、実践者が400万人いようが1000万人いようが知ったこっちゃありません。
それに、アフィリエイトのジャンルにしても
・資格講座
・クレジットカード
・恋愛
・各種スポーツ上達講座
・占い
・家具
・ダイエット
・化粧品
・器具
・サプリ
などなど、もう例を挙げるのが面倒なくらいたくさんのジャンルがあります。
つまり、400万人が全員同じものに取り組むわけではないので、被るという現象も実はそれほど起きないのです。
あとは自分で提供できる価値を見つけてアフィリエイトに取り組めば、稼げないなんてことはまずないのでご安心くださいな。
ここで重要なのは、繰返しになりますがどのモデルに取り組むかです
相変わらず多くの人はブログアフィリが好き見たいですが、もしあなたが「本当の資産型収入」を築き上げたいならブログではなくメールマーケティングに取り組んでください。
これにはビジネスの原則から来るちゃんとした理由があります
その辺の詳しい話や具体的なメールマーケティングノウハウは、以下の無料講座で限定公開しています↓

アフィリエイトは稼げない、小遣い稼ぎ、と思っていると将来に渡って損をする。

【アフィリエイトはビジネスじゃない?】

るライティング講座のLP内で次のような記述がありました↓

 
比較的始めやすいインターネットを使ったビジネスを検討し始めました。
しかし・・・それって本当にビジネスなのか?
ネットでできるビジネスを探せば探すほど、○○さんは違和感を感じざるをえませんでした。
せどりとかアフィリといったビジネスも検討したことがあります。
でも、○○さんには疑問が残りました。
 「それは本当にビジネスなのか?」
 ○○さんにとってビジネスとは、継続的に成長し発展していくものであるべきという信念がありました。
しかし、いわゆるネットでよく見るような「簡単にすぐに稼げる系のビジネス」では仮に一瞬は儲かったとしても、それが継続し拡大するとは思えなかったのです。

 
この事例内で出てくる人は、ネットでできるビジネスを探した結果、アフィリエイトやせどりというものに出会ったそうなのですが上記の通りそれらは「ビジネスではない」という結論に至ったらしく結局チャレンジはなされなかったようです。
私が不思議に思ったのは、アフィリエイトやせどりをビジネスとして疑問視するこの方の視点とそういった王道的手法に取り組んでも自分自身が継続的に成長し発展していくことはないと考えられたことです。
あなたはどう考えますか?
アフィリエイトはビジネスなどではありませんか?
取り組んだところで自身の成長はあり得ませんか?

【アフィリエイトは単なる紹介業でもない】

えばアフィリエイト。
これは一般的に他人の商品を紹介してその紹介料を得るというモデルですが、単に紹介しただけでは稼げません。
つまりブログやSNSへの投稿で「これ、すごくおススメです!!詳細はこちらから→http://example.comとやってみたところで大して稼げないのが現状です。
事実、アフィリエイトに取り組む95%は月に5000円も稼げていないのです。
でもこう聞くと数千円は稼いでいるようにも聞こえますが、実際は報酬が0というケースがほとんどだと考えてもいいでしょう
もしかするとアフィリエイトには「お手軽に稼げるネットビジネス」といった印象があるかもしれませんが、そういう人は一度真剣に取り組んで地獄を体験してみて欲しいですね。

【アフィリエイト=簡単にすぐに稼げる?】

れは冒頭のレター内にあった記述ですが、本当に未だにこう思われているのかと素直には信じられませんでした。
前述したものと被りますが、アフィリエイトは紹介リンクを記事に貼って投稿すれば稼げるなんてものではありません。
結構そう思っている人が多いのが厄介ですが。
仕組み化(自分が作業しなくても自動で売れる仕組み)して本気で売ろうと思ったら、やはりそれなりの時間を要し、実践と検証を繰り返して何とか形にしていく・・・
といった流れになります。
・自分の理念の設定(コンセプトメイキング)
・自分が商品を売りたい客層の決定
・集客手段の検討(メルマガ登録用ページの作成)
・教育フェーズの設定(メールマーケティングならステップメールの作成)
・販売フェーズの設定(アフィリエイトでもセールスページを作った方が売れる)
・未購入者への再度のオファー準備
等々・・・
たかが商品ひとつを自動化して売るために、これだけの作業を要します。
これを見てもすぐに簡単に稼げそうだと思うなら、よほどの才能の持ち主か単なる馬鹿かのどちらかです。

【アフィリエイトをやっても成長できない?】

て、もう一度上記の流れを見てみてください。
これらの一連の流れを組めるようになれば、もうネットでもリアルでも好きな商品を売ることができるようになります。
アフィリエイトで学ぶのは単なる商品紹介の仕方ではありません。
もはやその領域は超越しました。
アフィリエイトで学ぶのは事業の興し方そのものです。
稼げる金額は数千円、数万円といった小遣いレベルに止まらず、普通に年収で数千万~億を射程内に捉えるモデルです。
ちなみにこの記事の冒頭ででてきた「せどり」というモデル。
これは中古商品の転売業ですが、このビジネスを自動化して1億円事業に育てた人もいます
つまりアフィリエイトにしてもせどりにしても、単なる小遣い稼ぎだと思っていたら馬鹿を見るということです。

【マスターすれば一生食いっぱぐれない】

の記事で見てきたように、アフィリエイトにしろ「せどり」にしろ本気で取り組めばリアルで事業をするよりも効率的にそして安定して稼げるモデルであることは間違いありません。
21世紀ではネットを組み合わせたビジネスが最強です。
アフィリエイトだからどうとか、せどりだからどうとか、正直どうでもいい話です。
1つ確かなのは本気で取り組めばきちんと稼げるということです。
「アフィリエイト本当に稼げるのだろうか・・・」
「ネットビジネスは今から始めても稼げるのだろうか・・・」
と考えている時間の方が無駄です。
ネットを使い自動化できるモデルなら、どんなモデルでも成功できます。
もちろん、究極的な自動化まで実現したのなら取り組むべきモデルは限られてきますが・・・
いずれにしてもネットビジネスをマスターすればもはや時間と場所に関係なくお金を稼ぎ続けることができるようになります。
ネット上の仕組みが24時間365日休まず働いてくれるので(これにはワ○ミも真っ青)時間は全てあなたのものになります。
仕事をする場所なんてもはや関係なくなるので、町のカフェだろうが南国のビーチからだろうが好きな場所で仕事に没頭できます。
お小遣い稼ぎと侮ればその程度に落ちつくのでしょうが、極めれば最強の個人の誕生です
それでは!
【追伸】

アフィリエイト(ネットビジネス)は稼げない?んなもん嘘だ。

2fkY6A

【稼げないんじゃなくて稼ぎ方を知らないだけでしょ】

 
ットビジネスはもう稼げない!」
 
 
「アフィリエイトはもう稼げない!」
 
 
「アフィリエイトの時代はもう終わり!」
 
 
「アフィカスwww」
 
 
ネット上ではそういった声を度々目にします。
 
 
結論から言えば勉強不足な奴らの戯言に過ぎません
 
 
「人に商品を売る」
 
 
この行為ができればリアルだろうとネットだろうと関係なしに稼げるわけですよ。
 
 
問題は「売り方」を知らない場合です。
 
 
売り方を知らなければ、当然ながら人に商品を買ってもらえません。
 
 
「欲しい!(需要)」という状態を生み出す方法を知らなけば、
 
潜在客を顕在客に変えて利益の最大化を図れません。
 
 
全ては「方法」を知らない、ただそれだけのことに起因します。
 
 
そういった原則的な部分を学んでいないような人間に
 
したり顔で「稼げない」なんて言われても、「死ね」としか思わないわけですよ。
 
 
あ、言葉が悪かったですね(笑)
 
 
ある程度需要が見込める商品であれば、
 
後は「集客して商品提案して販売」というビジネスの原則的な流れを学び
 
その方法を実践し続ければ、
 
売れない・稼げない」という状況にはまずなりえません。
 
 
その境地に到達できない人は先に挙げた通り単純に勉強不足か、
 
勉強をしていても実践が足りないか
 
実践していても継続していないかのいずれかです。
 
 
繰返しになりますが、
 
原則をおさえて学びと実践を継続すれば必ず成果は出ます。
 
 
ビジネスは狙って成果を出すものだからです。
 
 
狙っても望みの結果が出るとは限らないギャンブルとは違います。
 
 
 

【楽して稼ぎたい?ならば死ねぇ!!!】

 
ットビジネスやアフィリエイトに対する悪しき誤解として
 
「楽して稼げる」というものがあります。
 
 
「参入初月で月収100万円稼ぎました(ドヤァ)♪」
 
というクソみたいな情報発信をしている人が多いせいです。
 
 
そんな本当かどうかも分からない情報を最初に浴びてしまったせいなのか、
 
そのままのテンション(初月で100万円!)で参入してくる人は本当に多く、
 
間も無く想像と現実とのギャップに絶望し消えるでしょう。
 
 
でもその「勘違い組」の一部の人間たちは、
 
それでも「楽して稼げる」という幻想を捨て切れず
 
定期的に「楽して稼げる」ことを喧伝する塾やら教材に引っかかっては
 
お金をドブに捨てていきます。
 
 
やがてお金も底を尽き、本当にどうしようもない状態になるわけです。
 
 
いや~闇が深いですね(笑)
 
 
ちゃんとやれば成功し、ちゃんとしなければ地獄を見る
 
 
まるで東京のような世界ですよ。ネットビジネスは。
 
 
この手の話を何度してきたか分かりません。
 
 
でも大切なことほど何度でも主張します。
 
 
ネットビジネスは楽して稼げません。
 
 
アフィリエイトも楽して稼げません。
 
 
正しいノウハウをきちんと勉強して実践と検証を重ねていかないと
 
絶対に稼げるようにはならないのです。
 
 
これだけ言っても納得でいないなら
 
ネットに限らず自分でビジネスをすることは諦めた方がいいですね。
 
 
 

【頑張った人には天国が待っている】

 
ジネスの原則に則った正しい手法を学び、
 
さらに愚直な実践を続け「仕組み化(自動化・システム化)」まで果たせば
 
晴れてネットで「楽して」稼ぐ状態が手に入ります。
 
 
パソコンを点けなくても勝手に売り上げが発生しています。
 
 
映画を観終わってふとメールをチェックすると、
 
ゲームをプレイする合間にふとメールをチェックすると、
 
「売上げ速報」がどこかしらから届いています。
 
 
お客さんからどんどん感謝の声が届きます。
 
 
その声を「お客様の声」として商品紹介の際に提示することで、
 
さらに見込み客の購買意欲をかき立てることができます。
 
 
以下、無限ループです。
 
 
そう、最初から楽して稼ぐことは100%不可能ですが、
 
実戦の結果として楽になることは可能です
 
 
ただし、
 
その状態を手にできるかはあなたが取り組む手法に左右されます。
 
 
例えばアフィリエイトにしてもブログアフィリやら
 
SNSアフィリやらトレンドアフィリやら本当にいろいろありますよね。
 
 
どれもこれも人気手法ですが、
 
「仕組み化」できるかという条件にぶつかると途端に雲行きが怪しくなります。
 
 
ブログやサイト系は検索エンジンのアルゴリズムに左右され、
 
SNSは運営の規約やサービスの動静(サービス終了など)に左右されます。
 
 
つまり皆が取り組むこれらの手法は
 
とにかく外部的要因に左右され易いということです。
 
 
では、外部的要因に左右されずかつ仕組み化まで果たせるモデルとは何なのか?
 
 
それはこのサイトでも繰返し勧めている通り、
 
メールマーケティングが最適な手法です→
 
 
メールマーケティング(リストマーケティング)であれば、
 
必要なものはお客さんのメールアドレスと配信するメールだけ
 
 
(ちなみに、集客して得たメールアドレスのことを「リスト」といいます)
 
 
サイトもSNSアカウントも要りません。
 
 
集客したリストに対して価値観の擦合わせを行うメールを流し、
 
然るべきタイミングで商品提案をする。
 
 
こうすることで、サイト系アフィリのように出合い頭で商品を売るよりも
 
高い確率で成約させることができます。
 
 
そして、仮に商品を買わなかった人がいたとしても、
 
再び価値観共有をするメールを一定期間送り
 
然るべきタイミングで再セールスをして「取りこぼし」を最小限に防ぐのです。
 
 
いかがでしょう。
 
 
メールマーケティングの可能性をご理解いただけたでしょうか?
 
 
メールマーケティングノウハウを無料で学ぶ→