タグ別アーカイブ: アフィリエイト 続かない

アフィリエイトで稼げない理由。

【アフィリエイトで稼げない!!なんで?】

月で月収30万円達成!
半年で月収300万円達成!!
1年後には年収1億円達成!!!
なんてサクセスストーリー、私には皆無でした。
初月で0円。
半年経っても0円。
1年経っても0円。
あれ、2年経ってもゼロだったけ?
あ、そういえば You Tube で30円稼ぎました。
まぁいい感じにダサダサだったわけですが、こういった私のような状況の人は多いと思います。
(え?そんなことないって?無理すんなよ)
ブログ書いてもダメ。
Twitterやってもダメ。
You Tube もダメ。
メルマガもダメ。
(読者5人)
(うち一人は私のアドレスwww)
「無料で全て教えます!」的なものに登録しても、訳の分からない対談動画(全4話構成)を見せられて終わり。
いや~完全に路頭に迷っていましたね。死にたい。

【参入時期がカオス過ぎた】

がネットビジネスに参入したのがちょうど2011年9月高額塾が全盛の時代でした。
平気で30~50万(それ以上)する大して何にも学べない薄っぺらい塾が販売されていた時代です。
それまで一般ピーポーだった私はそんなお金がポンッと出るはずも無く、しばらくは様子見として無料教材等で学ぶことにしたのでした。
これがマズかったのかもしれません。
本当はすぐにでも有料教材を買うべきでしたが、その頃は玉石混交もいいところでゴミを掴まされることも多く中々身銭を切る勇気が持てなかったのです。
実は実践当初にその経験をしていたこともあり、中々の恐怖だったわけですよ。
有料教材に手を伸ばすことが。
評判を調べてみても賛否両論だったり。思い切って買ってみても「やっぱり・・・」な結果だったり。
自分でもよく辞めなかったなと思います。

【ビジネスモデル自体は究極だから・・・】

ットビジネス=怪しいという勘違い甚だしいイメージは一旦置いて、さらに広い e-コマース(電子商取引)という概念で見れば今後もこの形態は拡大していきます。
2020年には30兆円規模にまでなりその中でも個人対個人のやり取りが急成長するとのことですから、私たちが取り組んでいるモデル自体は間違いではないのですよ。
それがアフィリエイトにしろ、独自コンテンツ販売にしろです。
そういった見地が私にはあったので、「やめてたまるか!!」という意地だけで戦っていた感じです。

【「ありがとうございました」のメッセージ】

が文章練習用で運営していたブログを読んでくれていた1人の女性がいました。
彼女は病を患い(現在は息災)、そんな中彼女自身も闘病記を綴っていた次第です。
私もそんな姿勢に心動かされ、彼女の記事にコメントしたりまた自身のブログ記事も(さすがにビジネスの話はしませんが)人の役に立つ知恵を軸に発信し続けました。
そして彼女が退院した頃、私のアカウントにメッセージが届いたんですよね。
内容を要約すれば、
「あなたのブログで元気づけられ、いつもその言葉に勇気をもらっていました。本当にありがとうございました!!」
といったものでした。ここでなぜか泣いてしまったことは秘密です。
当初は稼げない状況から現実逃避するように高尚な自己啓発を語っていたそんな投げやりの言葉にいつしか本気の信念が混ざり誰かに刺さっていた。
ここで私が何を思ったかといえば、自分の言葉で人の心に作用させることができるということです。
自分の言葉がひとりに届いたなら、あと1000人くらいなんてことない。
そう直感的に気づき、ビジネスの方もまた頑張り出せたのでした。

【そして、本質に辿り着く】

ログに始まり、Twitter、You Tube と巡り、色々行き詰っていた時、一旦冷静になって観察することにしました。
「彼らは、どこで収入を発生させているのか?」
各人の宣伝文句は無視し、あくまでキャッシュポイントの発生地点を探すためだけに、いろんな情報発信者・実践者の媒体を巡りました。
そして静かに流れを観察しました。
その結果分かったのが、「なんだ、やっぱりメルマガだった」ということなんですよね。
もちろん、皆ブログを開設しTwitterアカウントを持ち、You Tube をやっていました。
でも最終的な「出口」メルマガだったのです。
ブログからメルマガへ。
Twitterからメルマガへ。
You Tube からメルマガへ。
結局メルマガです。
このことは今思えば当たり前で、ビジネスの基本原則である集客・教育・販売のうち、ブログやSNSが占めるのは所詮集客フェーズだけです。
その先の教育・販売はメルマガで完結します。
それなのに私は、なんとなく「ブログで集客してそこで売る」みたいな幻想に囚われ、いつまでも稼げないでいたわけです。
まぁ、そういった流れをきちんと教えてくれる教材が無かったことも要因でしたが。
(知ってます。言い訳です)
大体が良く分からんマインド論だったり作業が多すぎて挫折必至のものだったりで散々だったわけですよ。
どう集客してどう教育して・・・
というのをきちんと教えてくれるものが全くありませんでした。
また、私はメルマガが本質であると気づいていたわけなのでどうせならメルマガ特化型のセールス手法学びたかったのですが、あいにく理想の教材やスクールには出会えず、またしばらく流浪の日々を送りました。

【そして覚醒へ】

れでもタイミングはやって来るもので、「これだ!」と思った教材が出たわけですよ。
それからはひたすらそれで学び、自分のビジネスを修正・改良していきました。
そこからは早かったですね。月収の上昇ペースも。そして現在に至ります。

【学ぼう】

しあなたが初心者、もしくは実践していても芽の出ない日々の中にいるとしても、学ぶことだけは辞めないでください。
それが成功と失敗の分かれ道です。
それでは!

アフィリエイトは稼げない、小遣い稼ぎ、と思っていると将来に渡って損をする。

【アフィリエイトはビジネスじゃない?】

るライティング講座のLP内で次のような記述がありました↓

 
比較的始めやすいインターネットを使ったビジネスを検討し始めました。
しかし・・・それって本当にビジネスなのか?
ネットでできるビジネスを探せば探すほど、○○さんは違和感を感じざるをえませんでした。
せどりとかアフィリといったビジネスも検討したことがあります。
でも、○○さんには疑問が残りました。
 「それは本当にビジネスなのか?」
 ○○さんにとってビジネスとは、継続的に成長し発展していくものであるべきという信念がありました。
しかし、いわゆるネットでよく見るような「簡単にすぐに稼げる系のビジネス」では仮に一瞬は儲かったとしても、それが継続し拡大するとは思えなかったのです。

 
この事例内で出てくる人は、ネットでできるビジネスを探した結果、アフィリエイトやせどりというものに出会ったそうなのですが上記の通りそれらは「ビジネスではない」という結論に至ったらしく結局チャレンジはなされなかったようです。
私が不思議に思ったのは、アフィリエイトやせどりをビジネスとして疑問視するこの方の視点とそういった王道的手法に取り組んでも自分自身が継続的に成長し発展していくことはないと考えられたことです。
あなたはどう考えますか?
アフィリエイトはビジネスなどではありませんか?
取り組んだところで自身の成長はあり得ませんか?

【アフィリエイトは単なる紹介業でもない】

えばアフィリエイト。
これは一般的に他人の商品を紹介してその紹介料を得るというモデルですが、単に紹介しただけでは稼げません。
つまりブログやSNSへの投稿で「これ、すごくおススメです!!詳細はこちらから→http://example.comとやってみたところで大して稼げないのが現状です。
事実、アフィリエイトに取り組む95%は月に5000円も稼げていないのです。
でもこう聞くと数千円は稼いでいるようにも聞こえますが、実際は報酬が0というケースがほとんどだと考えてもいいでしょう
もしかするとアフィリエイトには「お手軽に稼げるネットビジネス」といった印象があるかもしれませんが、そういう人は一度真剣に取り組んで地獄を体験してみて欲しいですね。

【アフィリエイト=簡単にすぐに稼げる?】

れは冒頭のレター内にあった記述ですが、本当に未だにこう思われているのかと素直には信じられませんでした。
前述したものと被りますが、アフィリエイトは紹介リンクを記事に貼って投稿すれば稼げるなんてものではありません。
結構そう思っている人が多いのが厄介ですが。
仕組み化(自分が作業しなくても自動で売れる仕組み)して本気で売ろうと思ったら、やはりそれなりの時間を要し、実践と検証を繰り返して何とか形にしていく・・・
といった流れになります。
・自分の理念の設定(コンセプトメイキング)
・自分が商品を売りたい客層の決定
・集客手段の検討(メルマガ登録用ページの作成)
・教育フェーズの設定(メールマーケティングならステップメールの作成)
・販売フェーズの設定(アフィリエイトでもセールスページを作った方が売れる)
・未購入者への再度のオファー準備
等々・・・
たかが商品ひとつを自動化して売るために、これだけの作業を要します。
これを見てもすぐに簡単に稼げそうだと思うなら、よほどの才能の持ち主か単なる馬鹿かのどちらかです。

【アフィリエイトをやっても成長できない?】

て、もう一度上記の流れを見てみてください。
これらの一連の流れを組めるようになれば、もうネットでもリアルでも好きな商品を売ることができるようになります。
アフィリエイトで学ぶのは単なる商品紹介の仕方ではありません。
もはやその領域は超越しました。
アフィリエイトで学ぶのは事業の興し方そのものです。
稼げる金額は数千円、数万円といった小遣いレベルに止まらず、普通に年収で数千万~億を射程内に捉えるモデルです。
ちなみにこの記事の冒頭ででてきた「せどり」というモデル。
これは中古商品の転売業ですが、このビジネスを自動化して1億円事業に育てた人もいます
つまりアフィリエイトにしてもせどりにしても、単なる小遣い稼ぎだと思っていたら馬鹿を見るということです。

【マスターすれば一生食いっぱぐれない】

の記事で見てきたように、アフィリエイトにしろ「せどり」にしろ本気で取り組めばリアルで事業をするよりも効率的にそして安定して稼げるモデルであることは間違いありません。
21世紀ではネットを組み合わせたビジネスが最強です。
アフィリエイトだからどうとか、せどりだからどうとか、正直どうでもいい話です。
1つ確かなのは本気で取り組めばきちんと稼げるということです。
「アフィリエイト本当に稼げるのだろうか・・・」
「ネットビジネスは今から始めても稼げるのだろうか・・・」
と考えている時間の方が無駄です。
ネットを使い自動化できるモデルなら、どんなモデルでも成功できます。
もちろん、究極的な自動化まで実現したのなら取り組むべきモデルは限られてきますが・・・
いずれにしてもネットビジネスをマスターすればもはや時間と場所に関係なくお金を稼ぎ続けることができるようになります。
ネット上の仕組みが24時間365日休まず働いてくれるので(これにはワ○ミも真っ青)時間は全てあなたのものになります。
仕事をする場所なんてもはや関係なくなるので、町のカフェだろうが南国のビーチからだろうが好きな場所で仕事に没頭できます。
お小遣い稼ぎと侮ればその程度に落ちつくのでしょうが、極めれば最強の個人の誕生です
それでは!
【追伸】

アフィリエイトを成功させる信頼の創り方。

【信頼とか信用のはなし】

ういったネットの媒体に限りませんが、
ある程度人から信頼を得たい場合や信頼とまではいかなくても、
お客さんに話を聴いてもらうにはどうのように振る舞えば良いのでしょうか?

【一貫性】

ずはこれを遂行しましょう。

 自分が最初に表明したものと違うものを後から主張しだすと、
見ている人に不信感を与えてしまいます。
これを回避するためには、
自分の主張に一貫性や統一性を持たせるしかありません
言行一致させるということです。
例えばネットの媒体でいえば、自分が宣言した通りに行動しようということです。
「名言をつぶやく」と宣言したなら、それを実行しないでどうするというのですか?
名言なんて「そっちのけ」でアフィリリンクばかりを垂れ流していたとしましょう。
それでは当然、人からの信を失っても文句は言えませんよね?
コンテンツを紹介したいなら、初めからそう言えという話です。
主張の一貫性、これは押さえておいてください。

【あとはやっぱり継続】

して、続けることです。自分の意見を発信し続けましょう。
それだけでも立派な実績になります。調子の良いときだけ、なんてダメです。
それなら誰にだってできます。
重要なのは毎日、それが厳しければ週3回以上のペースで、
発信に取り組んでください。いいじゃんTwitterとかでも。
更新されない媒体に、人は集まりません。
しかし、ここがまた難しい。
できたての媒体には、そもそも人が集まりにくいものです。
それに耐えかねて挫折する人間のなんと多いことか。
でも媒体構築から間もない段階では人が集まらないのも仕方がありません。
それに挫けて更新を断てば、アクセスなど永遠の夢です。
だからこそ続けましょう。方法はいくらでもあります。
全てのコンテンツを自分で作る必要などありません。
ネタが思い浮かばなければ
よそから借りてくればいいのです。
・自分の媒体に合ったニュースや他のブログをシェアする
(それについて簡単な感想を添えるとなお良し)
・あえて日記などのカテゴリを設けて、雑感を述べる
(日常を載せることであなたという人物のリアリティを出す)
考えればまだあります。
続けたいなら、知恵を絞りましょう。
その肝心な知恵が無いというなら、
本を読んで知の種を手にすれば良いだけの話です。
つまり、知恵が無いとか知識が無いとか、
そういったことは言い訳にすらならないのです。

【おっと、アフィリエイトの話もしないとね】

うく一般論で終わるところでした(笑)

アフィリエイトをする際にはやはり信用が欠かせません。
当たり前ですね。
でもその信用をどう獲得すればいいのか?手段はいくつかあります。
・報酬実績を載せる
・あなたの詳しいプロフィールを載せる(←これ重要)
・コンテンツを沢山作り、「量の説得力」を使う
・サイトのサイドバーに広告をペタペタ貼らない
・ブログテーマをブレさせない
主だったものはこの辺りです。

報酬実績を載せる

沢山売った実績があれば、
それだけお客さんから支持された証拠にもなりますので
はじめてあなたのサイトを訪れた人も
安心してあなたのコンテンツに触れることができます。
しかし、これはある程度実績がでいないと不可能は手段なので、
初心者は別のもので信用を得る必要があります。

詳しいプロフィールを載せる

実はサイトで最も読まれる記事のひとつがプロフィールです。
・これまでどんな人生を歩んできたのか
・どんなことに興味があるのか
・どんなことが嫌いなのか
・好きな食べ物は?
・好きなマンガは?
・学生時代の部活は?
・なぜこの活動をしているのか
この他にもあなたにまつわることを詳しく書くことで
あなたという人間にリアリティを持たせかつお客さんとの距離を縮めます。
お客さんの側で何かしら共通点を見つけてくれれば、
それだけで心理的距離が一気に縮まります。
人間は自分と共通点が多いと思う人ほど無意識に信用する傾向にあるのです。
プロフィールはいつでも編集可能です。
折に触れては見直し、お客さんとの共通点の種をまいておきましょう。

「量の説得力」を利用する

めちゃめちゃ熱いことを書いてあるブログでも、
総記事数が3個程度であればちょっと心もとないです。
たとえそれぞれの記事がそれほど大したことを書いていなくても、
総記事数が400個もあればそれだけで人は圧倒されます。
数の力は相変わらず偉大なのです
もちろんひとつひとつの記事に一定の質も欲しいとことですが、
初めの頃はとりあえず300字程度でもいいので
あなたのブログテーマに関する記事をどんどん投稿して
まずは数を増やしていきましょう。

【サイドバーに広告をペタペタ貼らない】

一昔前のアフィリエイトブログなどがこれでした。
未だにこういったブログを展開している人もいますが
正直鬱陶しいだけです。
広告を貼り過ぎるとお客さんの側で選択肢が増えることになり
それが結局迷いに繋がり商品の成約率も下がります。
どうしても広告を貼りたいなら多くても3つまでにしましょう。
それ以上は本当に余計です。
あなたが本当に売りたい商品を3つ用意して、それを何度も情熱的に紹介し続けましょう。
なんならひとつでも良いです。
同じ商品を紹介し続けるというのも、アフィリエイトの王道的な手法です。
昔のあるコピーライターはたった一つの本を売り続けて
億を稼いだりしていました。
沢山の商品を紹介することだけが是ではないということです。

【ブログテーマをブレさせない】

たま―にいるんですよね。軸が見えないブログが。
よくある「ごちゃまぜブログ」というやつです。
・ある時はダイエット関連
・ある時は健康食品関連
・ある時は情報教材
・ある時は・・・
というように毎回違うテーマで記事を書いてしまうので
その人が結局何をしたいのかが一向に見えません。
これでは記事が何百とあっても無意味です。ゴミクズです。
ダイエットの情報発信をすると決めたなら、サイトを閉鎖するその時まで
ダイエットするための情報を発信し続けましょう。
稼ぐ系の情報発信をすると決めたなら、サイトを閉鎖するその時まで
稼ぐための情報を発信し続けましょう。
決めた情報を最後まで発信する。
これが情報発信です。
そしてその一貫性をきちんと示すことで、
結果的にアフィリエイトする際も成約しやすくなります。
発信がブレブレの人よりかは、
一貫して特定の情報を発信してる人の方が信用できますからね。
現実世界でも同じじゃないですか。
というわけで、ぜひ参考にしてください。