タグ別アーカイブ: アムウェイ

え、今時対面!?何時代だよwwwwwwwwwwwwwwwAwwwmwwwwawwwwwywwwwwwwwwwwwwwwwwwww

-present-10983

【私のツイート】

 
 

【ほーん、で?】

 
ネットワークビジネスの勧誘指南の巻物が
 
下北?のコンビニ忘れ去られていたようです。
 
 
それがこちら↓
 
amway
 
 
かなり細かいフローチャートで構成されていますね。
 
 
これの是非は置いておいてよくできています。
 
 
マーケターである私も参考になりました。
 
 
今、「是非」と言いましたが別にこれビジネスの世界では当たり前の話ですよね
 
 
ある程度見込み客の動きを予測して
 
然るべきゴールに誘導するのはむしろ当たり前のことです。
 
 
ま、目くじら立てて「けしからん!!」と言っている人たちは
 
ビジネスセンスの無さを晒しているようなものですね(笑)
 
 
 

【でもさぁこれさぁ、めんどくね?】

 
れを一生懸命書いた女性(多分)の涙ぐましい努力は賞賛に値します。
 
 
しかしこの図を見れば分かるように、
 
これは明らかに潜在客以外へのアプローチを想定したものです。
 
 
どう頑張ってもアムウェイに興味を持ちそうにない人間にまで
 
アプローチして、そこからニーズ喚起をする・・・
 
 
フローチャートではそれであっても問題なさそうに
 
(そこからのアプローチを指南)書いてありますが、
 
問題アリアリですよ、それ。
 
 
 

【集客の原則を言ってみろ!!(某ジャ○風)】

 
かに集客は広くするべきです。
 
 
でも広くするといっても潜在客までですよ。
 
 
ところで潜在客の意味って大丈夫ですか?
 
 
つまりその商品に対する需要が今は意識に上っていなくても
 
後々そうなる可能性を秘めた見込み客のことです。
 
 
まだ自分自身(お客自身)でその商品への興味・関心・購買意欲が実はあると
 
気が付いていない人のことを指しています。
 
 
で、このアムウェイのフローチャートは
 
潜在客以外をもメインに据えているのがマズいって話です。
 
 
潜在客以外にアプローチしてもそっぽを向かれるだけです。
 
 
人は興味が無いものに振り向くことはありません。
 
 
なのに、わざわざこちらから出向いて「ねぇ、これ知ってる?」言われても
 
「は?知らねーよ。死ね」とウザがられるのがオチです。
 
 
 

【やっぱり検索って神だわ】

 
なみに私が取り組んでいるメールマーケティングは
 
ハナから見込み客しか集めません。
 
 
集めるというよりは、見込み客の方から勝手にやってきます。
 
 
それが「検索」です。
 
 
つまり、私の潜在客自らが自分の意思の下に動き
 
私にアプローチをかけてくるということです。
 
 
なので「ウザがられる」リスクはゼロです。
 
 
 

【対面はマジでストレス】

 
ころで、こういったネットワークビジネスの面倒な点て、
 
原則対面なところですよね。
 
 
つまり最初から最後まで
 
自分の足で動き回らなければならないので自動化もクソも無いんですよ。
 
 
あと自分の組織をそれなりに管理しなければならず、
 
そこでまた人間関係のストレスを生みます。
 
 
場合によっては自分のダウンラインの人に
 
付き添って支援するなんてこともあります。
 
 
最近だとネットで完結するモデルもありますが、
 
それ以外は相変わらず「対面ビジネス(原始時代)」です。
 
 
もう、ね。色々終わってます。
 
 
メールマーケティングを極めれば全て自動化できるのに(´・ω・`)
 
 
それでは!