タグ別アーカイブ: イギリス EU 離脱

イギリスのEU離脱から分かるネットビジネス成功の秘訣。

eu

【歴史的大転換】

 
回のイギリスのEU離脱は、
 
間違いなく教科書に太字で載る出来事になります。
 
 
世界が「統一化」を目指す最中、
 
あえて独立でいようとする動きを採ったわけですから。
 
 
 
これでトランプが大統領になったら、
 
「モンロー主義」の再来ですね・・・
 
 
 
EU本体は何とかイギリスに追従する者を出さないよう必死ですが、
 
果たしてどうなることやら・・・
 
 
 
でも、今回はそんなことは放っておいて別の話をします。
 
 
 
それがタイトルの通り、
 
イギリスのEU離脱から分かるネットビジネス成功の秘訣です。
 
 
 
 
 

【メリットよりもデメリット】

 
ギリスのEU離脱はデメリットしかないといわれています。
 
関税の復活やら株価下落やら。
 
 
 
既に株価は大参事みたいですね。
 
 
 
どうしてイギリスは、
 
目に見えてデメリットしかないこの主張を突き通せたのでしょうか?
 
 
 
提示されらデメリットを見れば、
 
離脱を思い留まることもできたと思います。
 
 
 
なのに、なぜ・・・?
 
 
 
それは、
 
人はメリットよりもデメリットに反応する生き物だからです
 
 
 
生存本能がそうさせるのです。
 
 
 
確かにEUに加盟しておくことで
 
経済面では計り知れない恩恵を受けることができます。
 
 
 
しかし、人の移動が自由になることで移民も大量発生します。
 
 
 
そうすると、
 
純粋な国内の雇用が他国の人に奪われるという事態や、
 
他国の人との文化的衝突、治安問題・・・
 
結果として他国の人が自国内で影響力を持ち国が・・・
 
 
 
というわけで、
 
メリットを考慮してもなお有り余るデメリットの方が重大だと、
 
国民は判断したわけです。
 
 
 
でもこれ、逆もできたわけですよ。
 
 
 
どう考えたって離脱による「悪」影響大なわけですから、
 
やろうと思えば大衆の意識を残留に向けることだってできたわけです。
 
 
 
でもできなかった。
 
 
 
それはつまり、デメリットを説く方が人を容易に動かせるから。
 
 
 
 

【時にそれは、狂気的凶器になった】

 
メリットの提示で人を動かすことは、
 
歴史を見てもよく使われてきた手法です。
 
 
 
例えばヒトラー。
 
 
 
彼は「ユダヤ人大量虐殺」というとんでもないことをやってのけました。
 
 
 
でも、国内における彼は「ヒーロー」そのものだったのです。
 
 
 
どう考えたって、
 
人種を理由に不当な逮捕や暴行を加えることは道義・倫理に反することです。
 
 
 
でも国民は、それに何の違和感も覚えていなかった。
 
 
 
むしろ正しいこととすら考えていたかもしれません。
 
 
 
それは、
 
ヒトラーによる「デメリット」の提示が効いていたからです。
 
 
だから大衆は動かされてしまった。
 
 
 
もちろん、彼が使った技はこれに止まりませんが、
 
少なくとも技術で人を動かすことなど簡単だということです。
 
 
 
 

【人は言葉で動かされる】

 
て、ネットビジネス成功の秘訣が今回のテーマでしたね。
 
 
でもその秘訣はもう何を指すかは分かったでしょう。
 
 
商品を売りたければ、
 
それを買うことによるメリット(理想的な未来)を示すのではなく、
 
それを買わないことによるデメリット(最悪の結末)を示す。
 
 
 
これを意識するだけで成約率は高まります。
 
 
 
後は、その他もろもろの誘導スキルがあれば上出来です。
 
 
 
それでは!
 
 
 
 
 
【追伸】
 
人を思い通りに動かす・・・
 
そのためだけに作られた
 
強烈な教材がこれ(特典アリ・分割決済可)
 
 
 
 
購入相談はこちらから!