タグ別アーカイブ: コピーライティング

セールスをテーマにしたセミナーで語られていたこと(お値段なんと300万円)をとりあえずまとめてみた。

その昔、とあるセミナーが開かれました。
これは主に、起業家、個人事業主、経営者、セールスパーソン、などなど、人にものを売ることを生業にする人向けのものでした。
参加費が参加費なので量も多かったのですが、特に根幹となる部分をまとめてみました。
【人を動かす感情トリガー】
■ストーリー
→人はストーリーに共感する
→「神話の法則」
→落ちて上がる人生は多くの人が経験する。だから共感する。
ストーリーの流れ
1:見込み客と似ているスタート地点
→見込み客の現実とマッチさせる
→アラブの石油王に「石油王になるノウハウ」を学んでも共感できない
→「ネットビジネスに失敗しまくった私でも手にした自由に稼ぐ方法」だから聞きたい
2:チャレンジと失敗の連続
3:突然の出会い・発見
4:成功の連続
5:完璧なメソッドの構築
→科学的要素・歴史・データ・実験結果を入れる
→ここでテクニック(メソッドの詳細説明)を出す
6:他の人も成功
7:次はあなたの番です
エクササイズ
→あなたがその商品を売るに至ったストーリー(背景)を考える
■イベント
→プロモーションは1つのイベント
 →ざわめきを生んでからセールス、そしてはかなく終わる
■コミュニティ
→とにかく参加させること(コメント、感想)
■社会的証明
→ラーメン屋の行列(あのラーメン屋は美味しいに決まっている)
 →コメントや感想
■希少性
→人が最後に行動するための起爆剤
→ただ「手に入りにくい」という理由だけで行動の動機になる
→絶対につけること
→限定〇〇個、〇月〇日まで
希少性の種類
→時間、期間
→数(人数・在庫)
→特典(最初の10名、最初の50名、最初の100名、など)
■権威
→白衣を着ている人を見たら無意識に医者だと思う
→警察の制服を着ていたら無意識に警察だと思う
→歯科医推薦の歯ブラシ
→新聞掲載実績
→信用できる人からの紹介
信頼はシフトする
→信頼が一番高い時に、換金する
■期待
→常に「続きが気になる」要素を入れる(例:予告)
 →一気に全部見せない
■共通の敵
→見込み客の共通の敵(これも共感の要素)
→「そう、それが私の敵なんだ!」と見込み客に言わせたら勝ち
→敵を一緒にやっつけよう、というスタンス
敵の作り方
1:見込み客と話をする(アンケート・コメント)
2:「3つの質問」をする
→①最大のフラストレーションは?
→②見込み客のファンタジー(妄想)は?
→③この業界の不誠実や隠し事は?
3:計測できる、存在しているものに置き換える
敵を作るときの注意
→ライバルの悪口を直接言わない(特定個人・団体を攻撃しない)
共通の敵を作ったその先
→敵を倒すための商品開発
エクササイズ
→あなたが売ろうとしている商品の敵を3つ作り、それを解決するアイディアを1つずつ出す。
■根拠
→「あなたにもできる」という証明をする
→誰でもロスチャイルド家や石油王の話を聞きたくない
→立ち位置は見込み客25%進化している人(ちょっとだけ先にいるだけ)
根拠を示す要素
1:ストーリーの流れを使う

2:真実でも見込み客が委縮することは言わない

3:見込み客の過去の体験と紐づける
→たとえ話は過去の話と結びつけないと共感できない
新しい情報は生で与えない
→相手の知っている概念に置き換える
4:お客さんの声を使用する
→同じ立場の人が成功したという声は強い
5:権威のある証拠を使用する
■論争・議論
→反対意見に正面から立ち向かうこと
→火種を投下する
例:「〇〇な人は帰ってください」
例:楽して稼ぎたい奴は消えろ」
→嫌われることを恐れない(全員に好かれようと思わない)
→「我らと彼ら」に分ける
→私たちに必要なのは見込み客だけ
5人のお客さん
1:容疑者(興味のあるふりをして結局買わない人・フリーライダー)
2:見込み客
3:お客様(1つでも何か買ってくれた人)
4:リピーター(2個以上何か買ってくれた人)
5:推薦者(アフィリエイター・広めてくれる人)
→フォーカスするのは見込み客
→見込み客を集めることを忘れてはならない
■コミットメント
→コミットメントの法則
 →人は自分の行動と思考と発言を一致させようとする
  →一致させなければ気が済まないという心理的傾向
→例:衝動買いしたものを後で正当化する
   →先に感情で行動して後で思考で正当化する 
コミットメントを取るなら、お客さんに行動させる
「やる気がないなら解除して」解除しない=「やる気がある人」に一致させようとする
ブログに熱意や思いを書かせる
→これに反することをすると、言行一致しない自分がストレスになる
■会話
→見込み客と会話する(見込み客が今リアルで持っている悩み、言葉をヒアリングする)
 →スカイプ、メール、LINE
→アンケートスキル3つのポイント
 1:答えやすい質問(選択式)
 2:見本をみせる
 3:プレゼントを付ける
 
ざっとこんな感じです。
まだまだあるので、機会があれば続きを公開します。

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:コピーライティングを知りたい?

【コピーライティングを学びたいです!】

 
ピーライティングを勉強して売れる文章が書けるようになりたいです!」
ざっくりいうとこんな感じの要望をもらうことがよくあります。
 
なるほどコピーライティング・・・
 
確かにネットビジネスの世界では、
コピーライティングを究めればバンバン商品が売れてウハウハ♪
みたいに言われることもありますよね。
 
コピーライティングは元々広告の世界の言葉であることからも、
大前提が「売る」「セールスの成功」にありますから。
 
なので、
「コピーライティングを学んで活用すれば自分も稼げるようになるに違いない!」
と考えるのも分かります。
 
分かりますが、これってちょっと危険な考え方、かもしれないんですよね。
 
 

【コピーライティングなんて最低限でよろしい】

 
うせ使い切れないんだから(笑)というのが私の感想です。
 
コピーライティングを深く学ぼうとすると、書籍1冊では足りません。
 
この「コピーライティング業界」には実力者が何人もいるので、
彼らの言葉に全て目を通そうと思えば年単位で学び続ける必要があるでしょう。
 
でも、確かに学問として学ぶのは面白いのですが、
少なくともネットビジネスで稼ぐ、例えば月収100万円を達成するために必要な
最重要コピーライティングって、せいぜい「PASONAの法則」くらいです。
 
P・見込み客の抱える問題点の提示、明確化
 
A・それを解決しないと「あんた死ぬわよ」宣言(問題点の煽り立て)
 
So・「でもこれがあれば解決できるよ」宣言(解決法の提示)
 
N・「今回は期間限定で公開するよ」宣言(限定性・希少性の説明)
 
A・「さぁ!買った買った」(行動の促し)
 
↑これを手を変え品を変えやっているだけなんですよね。結局は。
 
その他の「なんとかテクニック」や「なんたら法則」、
その他の細かなテクニックは必要に応じて取り入れればいいですよ。
 
 

【最っ強に強烈なコピーライティングを教えます】

 
PASONAの流れを覚えたら、
あとは「最っ強のコピーライティング」を覚えて終了です。
 
最強のコピーライティングとは、
「あなたが買った商品やサービスのセールスレタ、ランディングページ」
です。
 
これをひたすら研究してください。
 
期間限定で公開が終了してしまうなら印刷でもキーノートでも使って保存しましょ。
 
やっぱり自分が実際にお金を出して買った教材のレターには、
それだけのエネルギーがあります。
 
重要なのはあなたが実際に動かされて買ったということ。
 
意地悪な言い方をすれば買わされたということです。
 
でもネットビジネスをやる以上、これができるようにならないとダメなんですよね。
単なる良い人で終わってはその先がありません。
 
時にはお客さんの価値観を変えてでも、渋々ながらも了解を得ながらでも、
最終的に「決済」してもらうことがあなたのゴールです。
 
顧客の属性の話をすれば、最初から買う気満々の人の方が少ないと思ってください。
 
大概、疑心暗鬼で「こいつは本当に信用できるの?大丈夫なの?」疑いの目を向けられています。
 
それを最終的には、その人にクレジットカードを取り出させ、
必要情報を入力して確定ボタンを押させるわけですから相当なストレスですよね。
 
お金を出すということは、それだけ大変で、痛みを伴うことです。
 
実際、人は「できるなら全くお金をかけずに価値あるものを手に入れたい」と考えます。
 
 

【あなたはなぜ、買ってしまったのか】

 
なたが実際に買った商品のセールスレターを研究しましょうと言いましたが、
見るべきはあなたが「欲しい!」と思った箇所です。
 
それがレター冒頭のヘッドコピー(ヘッドライン)なのか、
お客様の声なのか、特典の説明なのか、追伸の言葉だったのか、
とにかくどこで感情を動かされたのかを確認してほしいのです。
 
その感情が動かされた原因、それが強烈なコピーライティングだということです。
そしてあなたが動かされたということは、他の人も動かされるということです。
 
そうした材料をどんどん集めていって、人が欲しくなる生々しいポイントを研究すると、
本を読んで勉強するよりも肌感覚でコピーライティングというものが身に付きます。
 
別に本を読んで勉強するなというわけではありませんが、
たまに勉強ばかりで実践を全くしない人もいるので、そうならないための予防策です。
 
 

【コピーライティング最速マスターメソッド】

 
分が欲しくなった、買わされた文章(コピーライティング)を書き写す、
これを業界では「写経」と呼んでいます。
 
お坊さんがお経を書き写すのが本来の意味ですが。
 
ネットビジネスで結果を出す人は、皆どこかの時期で写経を経験します。
 
写経をして何も見なくてもスラスラ書けるようになれば、
そのコピーライティングあなたの武器になります。
 
どうしても時間が無い場合は、
レターをスクショしてその箇所を繰り返し見るようにするだけでもOKです。
 
要は最終的にあなたがそのコピーを使いこなせるようになればいいのですから。
 
 

【あとは分かりやすい文章を意識するだけ】

 
ピーライティングなんて所詮ネットビジネスを構成する一要素に過ぎません。
 
重要なのは分かりやすい文章、説明を心掛けることです。
 
たとえいくつものコピーライティングを知らなかったとしても、
誠実にお客さんに伝えよう、価値を届けようという意思さえあれば
それが受け入れられて商品が買われることもよくありますからね。
 
「コピーライティングを極めてたくさん売れるようになりたい!」
という人は、往々にして自分のことしか考えていません。
 
でも商売である以上、お客さんのことをちゃんと考えないとね。想像力ですよ。
特にネットビジネスでは対面の機会が全く無いので、こうしたことを忘れがちです。
 
自分と目に見えない敵との戦いみたいになっている人が多数です。
 
そうじゃなくて、あなたと、画面の向こう側にいるお客さんとの
コミュニケーションですよね、
ネットビジネスって。
 
それでは!
 
 
 

アフィリエイトはコピペで稼げる?

【アフィリエイトはコピペで稼げる?】

ピペで稼ぐ」(ネットビジネス版)・・・要は他人の文章丸パクり(←違法です)or 誰かが用意した文章をそのまま使って稼ぐこと。
で、結論から言えば稼げ・・・ません(´・ω・`)
たとえこの業界トップの人たちが書いているブログやメルマガ、そして販売ページ(セールスレター)等々のすべての文章をそのままそっくり
丸パクりしてもです。
結局それは表面的なものを写し取っただけに過ぎず、販売者の意図なんて知る由もないからです。
ただ形を真似ただけで本質的なものが備わっていないのでやっぱり稼げないんですよ。
本質的なものとは例えば、スッテプメールを送る時のメールの種類やセールスレターで記載すべき事項(PASONA、QUEST、AIDMAなど)です。
売れている人たちはこの辺りの原理原則を理解した上で使い回しているだけです。
それだけ再現性が高いということですね。
そしてこれらのものはちょっと勉強すれば誰でもマスターできます。
なのに、その努力すら惜しんでコピペに頼ろうとするのはどうなんでしょね・・・

【まただ・・・】

録した覚えのないメルマガに心底辟易している今日この頃ですが、そんなメルマガのひとつから次のようなオファーが届きました。
例に倣って、「1日経った数分の作業で月収50万円!」コピペで日収10万円!」といった旨の文言が並んでいました。
「相変わらずだな~」と思うと同時に、「こんなものに引っかかる馬鹿、まだいるの?」と思わず首を傾げたくなりました。
・・・いるんでしょうね・・・

【「人工物」には誰も惹かれない】

ほどのオファーの内容をもう少し話すと、販売者側が用意した文章をメルマガ等で流してそこから新たに得たメールアドレスを販売者側に売って報酬を得るという仕組みです。
まぁ、そんなことはどうでもいいのです。
ここは「詐欺商材を断罪します!!」的なレビューサイトではありませんので(´・ω・`)
(あれ、マジで痛いのでマネしない方が良いですよ)
私はただ、「コピペで稼ぐ」・・・ここに疑問を感じているだけです。
そうはいっても販売者はプロでしょうから、それなりの(欲しがらせるような情弱向けの)文章を用意してくれています。
それを横流して後々お金になるなら、これほどおいしい話はありません。
しかし、2つの意味で購入者は損をします
1.自分のビジネスレベルは絶対に上がらない
2.こういったやり方はそもそも長続きしない
3.最悪、読者から嫌われる(というより高確率で嫌われる)
(あれ?3つになってしまいましたw)
特に1番目は深刻です。
結局自分でコンテンツを生み出す力が備わらないならこの世界で生きていくことはできません。
どこかで誰かに依存せざるを得ず、不安定な状態で彷徨うことになります。
・・・とにかく、です。
このような安易なやり方でネットビジネスをしようとするのは、非常に危険な考え方だと念押ししておきます。
読者は馬鹿ではありません。
血の通わない人工的な言葉には誰も惹かれないのです。
しかもそのどれもが耳に心地よい言葉で煽り倒すだけの文章ですよ。
「あ、これコピペだな」とすぐにバレます。絶対ですよ絶対。

【自分流を創ろう】

するにオリジナリティです。
こういうことをいうと「そんなのムリィ!」と思う人がいるのですが、それは思い込みです。
この世界に完全オリジナルなどありません
過去に誰かが発信したものを、また別の誰かが再構築しているだけなのです。
私が発信しているものも、すべて過去に誰かが発信したものです。
「それって、コピペなんじゃないの?」鋭いあなたはこう思ったかもしれません。
しかし違います。コピペではなく、再構築です
私は、私が吸収してきたことをそのまま吐き出しているのではなく、吸収してから自分というフィルターを通して私自身の切り口で改めて発信しているのです。
この自分フィルターには私の経験やその他諸々の知恵などがあるため、吸収した知見もそれらと結びついて新たな知恵へと昇華されます
これがオリジナリティです。

【ノウハウに著作権は無い】

えばネットビジネスには様々な手法があり、それぞれに様々なノウハウが存在します。
いくつか教材を買ってみると分かるのですが、ほとんどが似たようなノウハウを解説しています。
あとは販売者自身の見解を交えながらちょっとしたオリジナリティを付加している感じです。
この時点で他者との差別化が生まれます。
もちろん販売者自身の切り口で創り上げた完全オリジナルノウハウもありますが、
それはごく一部であることがほとんどで、大抵は過去にも誰かが語っていたものを再発信しているような状態です。
これが悪かといえばそんなことはありません。「ノウハウ」というものは、常にこうして再利用され続けるものです。
例えば英語の勉強法ひとつとっても、過去に誰かが開発したものを次代が受け継ぎ後進に伝えるわけですよ。

【だからこそ、あなたもできる】

はそれぞれが違う人生を歩む以上、それぞれのフィルターができ上がります。
それらをきちんと通せば、あなた自身のものが必ずできるのです。なので気になった情報、場所、人、全てに手を伸ばして経験を積んでいきましょう。
そんなお話でした。