タグ別アーカイブ: サラリーマン 老後

時間を売る生き方に未来は、そろそろない。


時間労働の価値は下がっていく。
その業界で死ぬほどキャリアを積んだところで、今の社会が用意しているのは新卒並みに安い給料で老兵を買い叩くということだけだ。
そのくせ、その状況下で老後は2000万くらいの貯蓄とともに生き抜けというのだからタチが悪い。


時間労働による収入モデルは崩壊しているのかもしれない。時間を売って得るお金の量がだんだん減っている。
それでも、こんな生き方しか教えてもらえなかった人は、どんどん売る時間の量を増やして寿命を縮めている。
 


時給労働の「どん底」にいるなら実は救いがある。時間労働に未来はないとDNAで感じているからだ。
これが中途半端に時給がいい状態になってしまっているとなかなかその現実が見えない。


だからこんなことを言うやつが出てくる。
「忙しい=年収が高い」「会食が多い=年収が高い」「早起き=年収が高い」何時代の話なのか教えてほしい。
こういう意識高い系サラリーマンの影響を受けた意識高い系サラリーマンがどんどん時間を売りさばいていく。
誤解しないでほしいのは、そんなことしなくても年収1000〜2000万くらいは稼げるということだ。
誰とも会わなくても、早起きしなくても、忙しくしなくても、本当はお金って稼げる。
これを知っておくだけでも、無駄な遠回りをしなくて済むかも。
これだけは言えるのは、本当に何も考えず忙しくする(時間を売る)のはマジで意味が無いということ。


これが大多数が抱える現状だということを忘れると、意識だけたくなってカネが無い、という状況になる。
そして意識だけ高いまま年をとって、いよいよやばくなって「起業」の文字があたまにチラついた時、キャリアを積んだ優秀なサラリーマンの方たちは次の失敗をする。


会社員として雇われて稼ぐことと、自分でビジネスを持って稼ぐことはルールも常識もまるで違う。
正直、スピードが違う。特に1人で行う場合は5分前の決断が今変わることなんてザラ。
こうした感覚になれず、「もうちょっとよく考えてから」「まわりにきちんと相談してから」なんてやっていると目の前の売上げを逃す。
そんなお話。
http://www.camelliaism-from-neo-revelations.com/muryo/

■筆者プロフィール


個人経営を仕組み化するための無料講座を受けるには今すぐこちらをクリック

44歳男性を突き落とす「雇い止め」の理不尽 激務の末に脳出血、復職後も3年間飼い殺し

https://www.youtube.com/watch?v=NFgD4UI-Ysk