タグ別アーカイブ: ネオヒルズ族

堀江貴文氏が明かす「ネオヒルズ族」与沢翼氏の実像←結局ネットビジネスを批判したいだけじゃん?

追記:
ネオヒルズ族という存在がメディアに取り沙汰された時代からもう10年近く経とうとしているのに、今でもこの記事にアクセスがあるのは不思議です。

元となった「NEWS ポストセブン」の記事も2016年の記事だとしても、4年は経過しています。
それでも人々は「与沢翼」氏のことが気になって仕方がないようですね。
彼がネットビジネスの世界で目立っていた頃は今よりも激しく注目を集めていました。
現在の与沢氏は海外に不動産を買い、彼のタイミングで各地を転々としています。
私が思うのは、彼は今でも大成功者です。
※一応断っておくと、私は彼の塾生でもなんでもありません
当時、そして今与沢翼という人間に多少なりとも悪意を向けている人間(例えば下記のニュース記事をわざわざ出すような記者)とは比べるまでもなく、稼ぎ続けています。
もしあなたがこれからお金持ちになりたいと考えているなら、成功者をどうにかしてこき下ろそうとする記事で留飲を下げるのは辞めておきましょう。
それよりも、その成功者がどういった方法でそのポジションを手にしたかという過程を分析する方がよほど有益というものです。

初めから「ネットビジネス=しい」

で話が進めば結論は見えている


元ネタになった記事はこちら→
に、一部の※ネオヒルズ系の人たちがネットビジネスのイメージを危うくしたこと否定できません。
(※「一部」以外では真っ当に教育者として活動していた人もいたんですよ)
誇大広告のオンパレードって感じでしたものね(笑)
いや笑えないかwww
そもそも、ただでさえ「怪しい」とか「胡散臭い」と言われていたネット業界に彼らのようなギラギラ成金族みたいなのが来たらもうトドメですよね(諦観)。
アングラだったものが奈落へ行ってしまった感じです。
でも結局彼らがやったことはネットビジネスでも何でもなく、ネットビジネスの名を借りたMLM※に過ぎませんでした。
(※MLM:ネットワークビジネスのこと)
そこには何の学習効果も無く、何の価値提供も無かったのです。
ネットビジネスの仕組みを盛大に悪用して情報弱者からお金を巻き上げただけで終わった気がします。
「気がします」というより、実際そうなのでしょう。
まぁ彼らが何をやったにせよ、そしてそれを面白おかしく叩く人がいるにせよ、本来のネットビジネスそのものが揺らぐわけではありません。
「ネットで集客して商品提案をし販売する」
これはもう商売の極致でありこれ以上ない究極の姿です。

正しい知識を伝えない記事を

鵜吞みにする奴は鹿


て、この記事のテーマは堀江貴文氏が見る与沢翼氏とそのビジネスモデルといったものですが、正直わたくし、内容についてはどうでもいいと思っています。
(結局記事の狙いはこの本の宣伝でしたからね)
(実際記事内に書いてあることはこの本に同じことが書かれています)
(ネットビジネスについて相当ディスっていましたね笑)
これ系の記事で結局言いたいことはいつもいつも一緒です。
「ネットビジネスは怪しい!
「ネットビジネスをする奴は詐欺師!
といったことですよ。
この記事のライターもインタビュアーも、本来のネットビジネスを知らないばかりか商売とはそもそもどんなものかすら知らない単なる素人なんですよね。
本質的にはネットビジネスをよく知りもしないで「怪しい!」「稼げない!」「○○は詐欺師!」そんな風に叩いている2chの人たちと何にも変わりません。
同じ穴のムジナですよね~。いやマジで(´・ω・`)
さて、私が気になったこととはこの記述です↓

カネを儲けるノウハウを売って儲けるという『プロダクトローンチ』と呼ばれる商法
引用元→

プロダクトローンチについて↑こんなふうに説明されれば、「ホリエモンが言うんだからきっとそうなのだろうな」と考える人は100人いれば97人くらいですかね。
でもこの記述、プロダクトローンチの説明としては明確な誤りです。
分かる人には分かると思いますが。
「プロダクトローンチ」って、は元々アメリカで生まれたビジネスモデルです。
無料オファー(教材や動画、資料やサンプル品)提供と引き換えに見込み客の連絡先(ネット上で行う場合は主にメールアドレス)を得て、そこから日々メルマガの配信で価値提供や価値観の擦り合わせを行いそして最後に有料商品やサービスを提案するというモデルです。
このプロダクトローンチではダイエット関連、美容関連、各種スポーツ上達法、資格試験合格法、コーチングセミナー、体の悩み改善、ギター上達法などなど、取り扱える商品は多岐に渡ります。
つまり、「金儲けの方法を教えるための手口」みたいな悪意しかない評価を受けるものではないということです。
(まぁ、ネオヒルズ系はプロダクトローンチを悪用したわけですがwww)
ググればプロダクトローンチの意味くらい腐るほど出てくるわけで、もうちょっと勉強して欲しいところですね(特に記事の読者側の人たちは)。
まぁ調べなくてもこのまま言葉通りの解釈をしてみください。
プロダクト(product)は商品という意味です。
ローンチ(launch)は発売という意味です。
つまり、「商品発売」ってことですよ。
本質的には「商品発売の考え方・方法」みたいな感じですけど。
でもどこにも
「金儲けの方法を売って儲ける方法」なんて無いんですよね。
さぁここで学んでくださいな。
一方的に渡される権威付けされた(ような)情報にただつき従うだけではいつまでも搾取される側のままです。
分からない単語があったらちゃんと辞書で調べましょう。

追記:
2020年現在、オンラインで決済を設けている企業で、成功しているところほどきちんとプロダクトローンチのモデルを組んでいます。

情報を味しよう

自分で正確な意味くらいは調べよう


れを読むあなたがネットビジネスについて最終的にどのような判断を下すかは分かりません。
いずれにしても「さも真実に見えることは必ずしもそうとは限らない」ということは覚えておいた方がいいですよ。
死ぬまで搾取される人生から脱出したければ、ですが。
実際この元ネタの記事では、プロダクトローンチの説明が誤っていたわけですからね。
でも素人はそんなこと知る由もありませんので、ますますネットビジネスを誤解するようになるでしょうね~(´・ω・`)
まぁ、その程度の人ならむしろネットビジネス・・・
というよりビジネスに向いていないのである意味幸せなのかもしれません。
どういうことかというと、ビジネスに限らず人生で成功というものを手にするためには
「それは本当にそうなのか?」というある種の疑いの目を持つ必要があるからです。
特に一方的に提供された情報(価値観)にこそこの視点を持つ必要があります。
例えば・・・
・お金は汗水垂らして稼ぐもの
・清貧こそ美しいあるべき姿
・お金持ちは悪いことをしている
・朝から晩まで仕事して当たり前
・仕事は40年続けて当たり前
・若いうちはお金を稼げなくて(安月給で)当たり前
・集団行動できない人は人(社会人)として失格
といったものです。
もしあなたが0.1%でも金銭的成功を手にしたいと思うなら、今私が例として挙げたこの価値観を全て疑い、そして否定する必要があります。
つまり普通に生きていたら必ず植え付けられるこれらの常識を全て、木端微塵に破壊する必要があるということです。
そうでもしないと、マジで死ぬまで、
国や社会から押し付けられた奴隷マインドのまま過ごすことになります。

鎖を解こう枷(かせ)をぶっそう


がどんな評価を下そうが、この世界に存在するあらゆるビジネスの中で、ネットビジネスが一番稼げます。
ネットビジネスは最も稼げる条件を兼ね備えたモデルだからです。
「24時間365日、見込み客を狙い撃ちして稼働し続ける」
これがネットビジネス最大の強みです。
自分で創り上げた分身たちが文句も言わず24時間365日働いてくれます。
日・週・月・年単位での営業情報を正確に記録し続けてくれます。
なので改善点がすぐに分かり、機会損失を極限まで減らすこともできます。
・在庫の概念が無く
・24時間365日運営でき
・無限商圏であり
・無限に供給が可能
これをできるのはネットビジネスだけです。
そして、名も無き個人が確実に自由を手にできる手段でもあります。

【追伸:ネットで稼ぐことは「まとも」じゃない?】

うネットビジネスってだけで謎の批判を飛ばしてくる人種がいるのは仕方がありません。
そのこと(真っ当なビジネスなのに認められない)に悩む人もいるのですが、気にしないでくださいとしか言えませんね(´・ω・`)
通勤・勤労・給料・組織・協調性・現状維持等々の戦後から一切進化していない教育環境下で育った人たちにとってみれば、ネットから勝手に収益が上がり続ける状態こそ異常事態なのです。
つまり、見かけは同じ人間でありながら中身(思考その他)がまるで違う異次元の存在ということです。
これはどちらがより優れているという話でも皮肉を込めた表現でもなく、言葉通りの意味ですよ。
まぁなんにしても、どうでもいい不自由人からの偏見なんて放っておいて、私たちは変わらない自由を享受しましょう。
そんなお話でした。

著者プロフィール



今更、ネオヒルズ族の話。

 

【良くも悪くもネットビジネスを広めた人たち】

 
期的には
 
2011~2013年あたりが最盛期だったでしょうか。
 
 
テレビや雑誌でネオヒルズ族なるものがよく取り沙汰されていました。
 
 
たった1か月でサラリーマンの平均年収を、
 
いやその何倍ものお金を稼ぐ20代そこそこの若者たちの存在は
 
世の中年の嫉妬心をものの見事にくすぐったのでした。
 
 
もちろん、中年だけでなく
 
彼らの同世代からも悲鳴に近い嫉妬が向けられていましたね。
 
 
まだネットビジネス自体が今よりも広まっていない頃です。
 
 
「ネットで月収100万円稼いでいます」
 
なんて言っても信じられませんよね。
 
 
でも実際にその人種は存在したわけです。
 
 
(もちろん今も存在しています)
 
 
ネット上で詐欺師だなんだと批判したところで
 
批判している奴らの何百倍も稼いでいたわけですよ。
 
 
そして、擁護する気はありませんが
 
ネオヒルズ族は別に詐欺師ではありません
 
 
コンテンツの質た提供の仕方に、
 
今ひと「つきめ細かさ」が足りなかったのでしょう。
 
 
さて、そんなネオヒルズたちですが、最近は見る影もありませんよね。
 
 
結局ポッと出の一発屋だったということでしょうか。
 
 
 

【そうでもないんだな~これが】

 
かにすっかり鳴りを潜めた人もいますが、
 
それ以外の誰もが知っているあの人やあの人は相変わらず稼ぎ続けています。
 
 
例えば
 
与〇氏は海外でトレード業を始め成功しているようです。
 
 
また、
 
久〇氏もSNS分野に注力した事業を展開しています。
 
 
つまり、
 
相変わらずめちゃめちゃ稼いでいるということですよ。
 
 
鳴りを潜めてから3年経っても、
 
彼らは相変わらずネットを駆使して莫大な収益を収めています。
 
 
ところで、3年前彼らをぼろくそに批判していた人たちは、
 
3年後の今、どんな生活をしているのでしょうか?
 
 
少なくとも月収100万円くらいは
 
余裕で稼いでいたりするのでしょうか?
 
 
おそらくそうではないでしょう。
 
 
ネオヒルズ族を剥き出しの嫉妬心で批判していた連中は、
 
3年経った今でも変わらない生活か、あるいはもっともっと
 
レベルの下がった生活を強いられているかもしれません。
 
 
この差です。この差。
 
 
結局お金持ちになれない人は、
 
お金を稼ぐ方法とその善悪
 
ごっちゃにして考えているのです
 
 
↑これすごく大事なことなんで覚えておいてください。
 
 
でもここではっきりと述べておきます。
 
 
それを自分で実行するかは別として、
 
「方法を知っていれば稼げて、知らなければ稼げない」
 
本当にこれだけのことなんですよね。
 
 

【「知っていれば」の差はビッグバンの如く】

 
れは「お金を稼ぐ」話に限りません。
 
 
大学入試でも同じです。
 
 
例えば英語。
 
 
センター試験冒頭の文法語法問題は
 
その文法語法の知識を知っていれば一瞬で正解できます。
 
 
知らなければ
 
3時間考えても5時間考えても答えは出ません。
 
 
最後は結局、勘に頼ることになります。
 
 
また、その後に待ち受ける長文読解も同じです。
 
 
「効率的な読み方」さえ知っていれば、
 
時間内に全ての文章を処理して解答できます。
 
 
これはもはや、そのための知識を知っているか否かの差なのです。
 
 
 

【転じてお金を稼ぐことも同じ】

 
こで話が戻りますが、お金を稼ぐにしても同じことなのです。
 
 
稼ぐ方法を知っていれば
 
自らの手で半永久的に世の中からお金を引き出すことがき
 
逆に知らなければそれはできず、むしろお金を世の中に奪われ、
 
他者から与えられるのを待つしかありません
 
 
まぁ、与えられたとしてもカスみたいな金額になるんですが。
 
 
ここで重要なのは、
 
あなたがどちらのステージに立ちたいかです。
 
 
世間の声なんて関係ありません。
 
 
自分の人生すら世間任せでどうするのですか。
 
 
「知っている」側かに立って圧倒的自由を手にするか、
 
「知らない」側に立ってその他大勢と同じ人生で終わるか。
 
 
どちらでしょうか?
 
 
【追伸】
 
「知っている」側への第一歩→