タグ別アーカイブ: ネットビジネス 稼げない

アフィリエイトで稼げない理由。

【アフィリエイトで稼げない!!なんで?】

月で月収30万円達成!
半年で月収300万円達成!!
1年後には年収1億円達成!!!
なんてサクセスストーリー、私には皆無でした。
初月で0円。
半年経っても0円。
1年経っても0円。
あれ、2年経ってもゼロだったけ?
あ、そういえば You Tube で30円稼ぎました。
まぁいい感じにダサダサだったわけですが、こういった私のような状況の人は多いと思います。
(え?そんなことないって?無理すんなよ)
ブログ書いてもダメ。
Twitterやってもダメ。
You Tube もダメ。
メルマガもダメ。
(読者5人)
(うち一人は私のアドレスwww)
「無料で全て教えます!」的なものに登録しても、訳の分からない対談動画(全4話構成)を見せられて終わり。
いや~完全に路頭に迷っていましたね。死にたい。

【参入時期がカオス過ぎた】

がネットビジネスに参入したのがちょうど2011年9月高額塾が全盛の時代でした。
平気で30~50万(それ以上)する大して何にも学べない薄っぺらい塾が販売されていた時代です。
それまで一般ピーポーだった私はそんなお金がポンッと出るはずも無く、しばらくは様子見として無料教材等で学ぶことにしたのでした。
これがマズかったのかもしれません。
本当はすぐにでも有料教材を買うべきでしたが、その頃は玉石混交もいいところでゴミを掴まされることも多く中々身銭を切る勇気が持てなかったのです。
実は実践当初にその経験をしていたこともあり、中々の恐怖だったわけですよ。
有料教材に手を伸ばすことが。
評判を調べてみても賛否両論だったり。思い切って買ってみても「やっぱり・・・」な結果だったり。
自分でもよく辞めなかったなと思います。

【ビジネスモデル自体は究極だから・・・】

ットビジネス=怪しいという勘違い甚だしいイメージは一旦置いて、さらに広い e-コマース(電子商取引)という概念で見れば今後もこの形態は拡大していきます。
2020年には30兆円規模にまでなりその中でも個人対個人のやり取りが急成長するとのことですから、私たちが取り組んでいるモデル自体は間違いではないのですよ。
それがアフィリエイトにしろ、独自コンテンツ販売にしろです。
そういった見地が私にはあったので、「やめてたまるか!!」という意地だけで戦っていた感じです。

【「ありがとうございました」のメッセージ】

が文章練習用で運営していたブログを読んでくれていた1人の女性がいました。
彼女は病を患い(現在は息災)、そんな中彼女自身も闘病記を綴っていた次第です。
私もそんな姿勢に心動かされ、彼女の記事にコメントしたりまた自身のブログ記事も(さすがにビジネスの話はしませんが)人の役に立つ知恵を軸に発信し続けました。
そして彼女が退院した頃、私のアカウントにメッセージが届いたんですよね。
内容を要約すれば、
「あなたのブログで元気づけられ、いつもその言葉に勇気をもらっていました。本当にありがとうございました!!」
といったものでした。ここでなぜか泣いてしまったことは秘密です。
当初は稼げない状況から現実逃避するように高尚な自己啓発を語っていたそんな投げやりの言葉にいつしか本気の信念が混ざり誰かに刺さっていた。
ここで私が何を思ったかといえば、自分の言葉で人の心に作用させることができるということです。
自分の言葉がひとりに届いたなら、あと1000人くらいなんてことない。
そう直感的に気づき、ビジネスの方もまた頑張り出せたのでした。

【そして、本質に辿り着く】

ログに始まり、Twitter、You Tube と巡り、色々行き詰っていた時、一旦冷静になって観察することにしました。
「彼らは、どこで収入を発生させているのか?」
各人の宣伝文句は無視し、あくまでキャッシュポイントの発生地点を探すためだけに、いろんな情報発信者・実践者の媒体を巡りました。
そして静かに流れを観察しました。
その結果分かったのが、「なんだ、やっぱりメルマガだった」ということなんですよね。
もちろん、皆ブログを開設しTwitterアカウントを持ち、You Tube をやっていました。
でも最終的な「出口」メルマガだったのです。
ブログからメルマガへ。
Twitterからメルマガへ。
You Tube からメルマガへ。
結局メルマガです。
このことは今思えば当たり前で、ビジネスの基本原則である集客・教育・販売のうち、ブログやSNSが占めるのは所詮集客フェーズだけです。
その先の教育・販売はメルマガで完結します。
それなのに私は、なんとなく「ブログで集客してそこで売る」みたいな幻想に囚われ、いつまでも稼げないでいたわけです。
まぁ、そういった流れをきちんと教えてくれる教材が無かったことも要因でしたが。
(知ってます。言い訳です)
大体が良く分からんマインド論だったり作業が多すぎて挫折必至のものだったりで散々だったわけですよ。
どう集客してどう教育して・・・
というのをきちんと教えてくれるものが全くありませんでした。
また、私はメルマガが本質であると気づいていたわけなのでどうせならメルマガ特化型のセールス手法学びたかったのですが、あいにく理想の教材やスクールには出会えず、またしばらく流浪の日々を送りました。

【そして覚醒へ】

れでもタイミングはやって来るもので、「これだ!」と思った教材が出たわけですよ。
それからはひたすらそれで学び、自分のビジネスを修正・改良していきました。
そこからは早かったですね。月収の上昇ペースも。そして現在に至ります。

【学ぼう】

しあなたが初心者、もしくは実践していても芽の出ない日々の中にいるとしても、学ぶことだけは辞めないでください。
それが成功と失敗の分かれ道です。
それでは!

アフィリエイトは時代遅れ???

【いや、むしろこれからでしょ】

ットビジネスは時代遅れ」という言葉は「ネットビジネスではもう稼げない!」という意味だと思うのですがいかがでしょうか?あなたもこう思います?
ちなみにこの言葉、別の例でいえば「アフィリエイトは時代遅れ」、「アフィリエイトではもう稼げない!」といったところですかね。
ところで、「ネットビジネスは稼げない、アフィリエイトは稼げない」こういうことを言う人は次のうちどちらかです。
よーく覚えておいてくださいな。
ケース1:ネットビジネスに取り組んでみたものの、全く稼げずに挫折してしまった人(←大抵方法が間違っている)
ケース2:ネットビジネスのことはよく知らないけどまとめサイトなどでそういった記事を見たのでとりあえず批判しているクソエアプ野郎)
ケース2は論外として、ケース1の場合は本当にもったいないですね。
なぜなら手法さえ誤らなければ、後は続けるだけで大なり小なり結果は出るのですから。
最低限の知識を身につけて「後はやるだけ状態」に持っていけば、もう半分成功したようなものなのですけどね・・・

【でもいきなり「月収1億円!」とかはナシですよ?】

と昔前に秒速で1億」みたいなものが流行ったせいか、ネットビジネスは結構簡単に稼げる世界だと考えている人が後を絶ちません。
今でもそういった目論見でこの業界に入って来る人は多いです。
「ネットビジネスを始めれば初月からいきなり大金を稼げる・・・!!」
1日に100人入ってくるとすれば、そのうち95人くらいはそんな感じでしょう。
(いや、本当は100人全員かもしれませんね・・・)
でもよ~く考えて欲しいのですがネットビジネスといえど自分でお客さんを集めて商品提案をして、最終的にはお金を出して買ってもらわなければならないわけですよ。
もっと具体的にいえば自分の言葉でお客さんの心を動かし、商品の決済画面でクレジットカードの番号を入力させなければならないわけです。
これってある程度勉強しないとできないことですよね。どう考えても。
だから「そんなに簡単に稼げるわけがないじゃないですか!」って話です。
あったとしても自己アフィリエイトくらいですが、これは永遠にできるものでもないので選択肢からは外します。
本当のところをいえば、数万円→十数万円→数十万円→数百万円と少しずつ収益が上がっていくものです。
もちろん仕組みが上手く稼働すれば数万円→数十万円へと一気にジャンプすることもあります。
でもまずは手堅いステップアップを考えた方が変な期待をしなくて済み、着実にネットで稼ぐ力を付けることができるでしょう。
変な期待をしなければ、思うように稼げなかったとしても「まぁ少しずつ進むしかないか」と納得できます。
多少うまく行かないことがあっても成功への糧にできます。
反対に変な期待を抱きながら取り組むと、思うように稼げなかったときに「なんだ、全然稼げないじゃないか!」「やっぱりネットビジネスなんてインチキだ!!」となり、その後は2chにでも行って「ネットビジネスは稼げない!」、「○○は詐欺師!」とコメントするのが関の山です。
ネットビジネスをやって(実際は中途半端な取り組み)稼げなかった人は、だいたいこんな末路を辿ります。

【これからは、というかもう、「ネットの時代」だよ】

人で商売をしようが組織(企業)で商売をしようが21世紀社会でビジネスの花を咲かせたければネット活用は必須です。
タウンページや紙1枚のダイレクトメールに広告費を掛けている場合ではないのです。
ホームページやネット広告で集客し、LINE@やメルマガで見込み客に直接アプローチする。
各フェーズで上手く行かない所があればそれに修正をくわえつつ全体を底上げ。
そうして収益を上げていく。
こういったことを実行して結果が出ない方がおかしな話です。
ネットのみで商売をしようが、ネットで集客して実店舗で商売をしようが、今後はネットを使うか否かで天地の差が生まれるのは間違い在りません。
【追記】
「ネットを使うか使わないか」という選択肢自体が無くなるかもしれませんね。
デジタル通貨(世間でいう仮想通貨)の普及が進めば、一切ネットを介さないで生活をするといったことがいよいよ不可能になっていきますから。

【結論】

ジネスの原理原則に従った手堅い方法でネットビジネス(またはネット活用)をすれば必ず結果は出ます。
楽して稼ぐ系のネットビジネス(笑)に取り組めば必ずお金だけ減って終わりです。
あなたが今ネットビジネスを始めたばかりなら、今回お話したことをよく覚えておきましょう。
あなたが今ネットビジネスを実践中で思うように結果が出ていないなら、今回の話を参考にこれまでの取り組みを見直してみてください。
挫折していった残念な先輩たちは皆、今回のような話を知らないまま死んでいきました
私の記事を最後まで読めるほど熱心なあなたは大丈夫だと思いますが、念のため申し添えておきますね。
「アフィリエイトはオワコン」
「ネットビジネスはオワコン」
「アフィリエイトは稼げない」
「ネットビジネスは稼げない」
これらの言葉を発する人たちって、「きっとそうであってほしい!」という願望を叫んでいるだけなんです。
(ちなみについ先日、私の知人はちょっと2日ばかりアフィリエイトをして1000万円売り上げていました)
「自分は稼げなかったのに他人が月に何百万円も稼いでいるなんて許せない!」
「自分はこんなに安月給で朝から晩まで働いているのに、自分よりも若い奴らが自分の年収の倍以上を(しかも月収で稼いでいるなんて許せない!」
これが彼らのホンネです。
そんなお話でした。

アフィリエイト、ネットビジネスで稼げない時こそ遊べ!!

【え?どういうこと?】

い。どういうことでしょうか?
3秒差し上げますのでちょっと考えてみてください。123はいそれでは答え合わせです。
稼げない時こそ遊べの真意は、実はこの言葉の通りです。
一切のネットビジネスのための作業を中断し何か他のことをしてくださいということです。
映画を見る、読書する、ゲームをする、外出してどこかに行く、何か自分なりの好きなことをする(ま、趣味があればそれで)。
とにかくもう何でも良いのでやってください(できれば外に出てください)。
寝るのは最終手段です。
ネットビジネスをする人は、大抵真面目な人が多いです。
わざわざしなくて良いことをわざわざしているわけですから。
自分でビジネスをするなんて、相当意識が高くないとできないことです。
そうは思いませんか?

【真面目過ぎるほど、愚直過ぎるほど・・・】

はかえって損をします。かえって?いや相当損をします。
根詰めればいいというわけではありません。
努力と根性でやり切ればいいというものでもありません。
結果の保証されたモデルを選択し正しいノウハウで取り組まなければ絶対に結果は出ないからです。
私は情報発信の際に「真面目に取り組みましょう」「愚直にやれば必ず成功します」という旨の発信をすることがありますが、度が過ぎるのも考えものです
でも真面目な人ほど、うまく行かないときほど目の前の作業に意地でも没頭しようとします。
・意地でもブログ記事やメルマガを書く
・意地でもスッテプメールを組む
・意地でもサイト構成を整える
・意地でもバナーを作る
・意地でもLPやセールスレターを作る
確かにそういった食らいつく姿勢も大事ですが、考えが詰まった時ほどブレイクが必要です。
考えに詰まりながらウンウン唸ってできた作品ほどつまらないものです。
大抵お客さんの反応を取れるコンテンツはノリノリで超スピーディに創り上げたものが多いというのが私の感覚です。
アイデアとは「リラックスしている時ほど浮かぶ」ともいうではないですか。
その点は「三上(馬上・枕上・厠上)」という言葉でも示されています。
・馬上とは馬(現代でいえば何らかの乗り物)に乗っている状態
・枕上(ちんじょう)とは要するにベッドの上でリラックスしている状態
・厠上(しじょう)とはトイレを指しますが、「無防備」という意味ではシャワーを浴びている場合も含んでいいでしょう。
人はこういう状態にある時にアイデアが浮かぶと、大昔のどっかの中国人が既に解明してたのです。
※大昔のどっかの中国人→欧陽脩(おうようしゅう、1007 – 1072)
だからこそ、考えに詰まり思考が停滞した時はその場を離れ、何が別のことをした方が良いのです。
ちなみにこの記事自体も、私がシャワーを浴びる中でできあがりました。

【PCを開いてから考えているようじゃ遅い】

フィリエイトなどのネットビジネスで安定かつ継続して稼ぐ人は大抵、ビジネスに情報発信を取り入れています。
情報発信こそが自動化の鍵であり「ほったらかしで稼ぐ」を実現する唯一の方法だと知っているからですね。
そんな稼げる人間の情報発信に共通することは、PCの電源を点ける前にもうネタは仕上がっているということです。
つまり日常で生活する中で常に思考を張り巡らし(無意識の場合もあり)、漠然とではあっても1つの記事内容の全体像は頭の中で作ってしまいます。
それをしばらく反芻(はんすう)したら、後は機械的に文章に表していくだけです。
結局日常の観察の結果がこそが最高のネタになるということです。
確かにネットビジネスのノウハウや実践記を発信することで、それを求める人たちにアプローチすることができます。
もちろんこれも重要です。
でもこれって、みんなやっていることなんですよね。
そうなってくると差別化ができなくなり運よく自分の所に来た人にしかアクションを起こせなくなります。
理想は、既に他の情報発信者になびきかけていた人が、あなたの発信を見てあなたに乗り換えるという状態を作ることです。
ところでこれは補足ですが、稼げない人はPCを点けてから記事ネタを考えます。

【自分自身のコンテンツ化】

はこれまで、某高額スクール(価格帯は20万円~150万円)に3つ入り情報発信について深く学んできましたが、やはり大枠で共通しているのはこの「自分自身のコンテンツ化」ですね。
この表現が的を射ているかはちょっと自信がありませんが、要はノウハウやテクニックよりも最後は「自分」が決め手となるということです。
「あー、つまりはブランディングってことでしょ(´・ω・`)?」と思われたかもしれませんが、私はその一言では片づけられないものだと考えます。
ブランディングは「そういう自分」を演出することですが、「自分自身のコンテンツ化」とはそういう要素+「自分はこう思う」
という本音を織り交ぜていくものと考えているからです。
だから素で勝負するということです。
そしてその素の自分を嘘偽り無く表現するには、常日頃から世の中を観察して自分なりの考えを持っておくことが大切です。
そのためにはやはり、ひたすらPCと向き合うよりも定期的に外に出て「生」の世間を体感することも重要です。
書店、喫茶店、駅、電車内、雑踏・・・
いろんなところに足を踏み入れて観察してみましょう。
プラスして、読書を通じて先人たちから学び思考をブラッシュアップしておけばより上質なアウトプットが可能になります。
そんなお話でした。
■参考

文章術についての無料教材を差し上げます
★おすすめ★
ネットビジネスで安定かつ継続して稼ぐための無料講座

アフィリエイトは稼げないネットビジネスは終わり?

 
ハイ残念でしたwww
 
 
そうほざいている奴は1000000%エアプ野郎です。
 
 
あと、
 
「アフィリエイトは毎日作業しないと稼げない(キリッ)」
 
↑こいつもメールマーケティングで
 
 自動化できることすら知らないエアプ野郎です。
 
 
どうですか。
 
 
世間はこんなエアプ野郎で溢れ返っています
 
 
そして残念なことに、
 
こういった奴らがネット世界の90%を占めているので、
 
「ネットビジネスは正しいメソッドの実践で必ず稼げる」
 
という真実がどんどん闇に埋もれていくのです
 
 
したり顔でネットビジネス批判をしている奴らは、
 
おそらく学生時代もろくに勉強せず
 
パッとしない成績で終わったような人種でしょう。
 
 
そんなんでもネットで威勢よく、
 
正義は我にありと言わんばかりの弁を垂れるわけですから本当に大したもんです。
 
 
結論。
 
 
ネットビジネスで稼げないとほざいている奴は単なる勉強不足。