タグ別アーカイブ: ブログ 書き方

アフィリエイトで稼ぐコツ:0から書き上げる力の磨き方~「粗削りと精査」~

【アフィリエイトは文章で売る。繰り返す。アフィリエイトは文章で売る】

フィリエイトや情報販売などのネットビジネスで稼ぎたかったら、悪いことは言いません。
もう淡々と文章力を磨いてください。
画像作成・加工スキル、動画作成・編集スキル、デザイン、プログラミング、全部要りません。
もちろんあればあったであなたの力になりますが、
これらが全て揃っていても文章力が無いだけでゲームオーバーです。
最悪、文章以外のことは全部外注で良いわけですよ。
でも言葉の部分はあなたの理念・思想・哲学が密接に絡む部分なので、
これを外注化するのはそもそもナンセンスなのです。
もちろんプロのコピーライターにでも頼めば
あなたの意図を120%汲み取って文章を書いてくれるかもしれません。
それでも、「ん~そうじゃなくて本当はこういう感じにしたいんだよな~」
という微妙な意思の行き違いが生じます。
これは仕方がありません。だって相手はあなたではないのですから。
だとすれば、文章はせめて自分で書けることは長い目で見てもやはり重要になってきます。
あなたは自分で文章が書ける、ただそれだけのことで
自分の意思を200%相手(見込み客)に伝えられますからね。

【みんな、文章が書けなくて死にそうになっている】

ルマガやブログが上手く書けません!」といった相談は本当に多いです。
それだけ記事を書くというのは高いハードルなのかもしれませんね。
でも、ビジネスでは言葉を扱う場面が本当に多いので
やはり0から文章を作る力はある程度鍛えておく必要があります。
あくまである程度です。小説家のように感動的な文章を書く必要はありません。
自分の意図を読み手にただ伝える。このレベルでいいのです。
これって基本的な文法と「てにをは」さえ守ればすんなりクリアできます。
あなたのメールボックスを汚す意味不明かつ読みずらい文章は、
大抵上記の基本事項が守れていないのです。
せめて文章くらいまともに書いてほしいですよね(笑)
今回は私の事例も交えながら、アフィリエイトや情報販売で役立つ記事構成の方法論を見ていきましょう。

【きれいに書こうとするな!】

くの人が躓く原因はシンプルです。
最初からきれいに書こうとし過ぎるから、思うように手が動かないのです。
おそらくプロのライターみたいにパチパチと言葉を打ち込んでいく姿が理想なのかもしれませんが、そんな必要は全くありません。
まず意識して欲しいことは、支離滅裂でいいからとにかく書く、自由に書くということです。
それで自分が言いたいことの全体像を把握し、後で内容を詰めるといった感じです。
この全体像を始めに把握するフェーズはかなり重要です。
多くの人は先に全体像を決めないために、今度はできあがりの記事が支離滅裂になっています。
つまり正しい方法の「逆」を行っているのです。
これでは人に読まれる文章なんて書けませんよね。
・まずはザックリ書く
・全体を把握する
・メッセージを決める(アバウトでOK)
これを意識しましょう。
ところで書くうちに思ったのですが、これって彫刻に似ていませんか?
多分、この手の話でよく出る例え話ですけど(笑)
まあまあ細かいことは置いておきましょうよ(^_^)
彫刻師も最初は石や木を全体的に彫って、徐々に徐々に形を作っていきますよね。
間違っても最初からピンポイントで彫っている人はいません。
やはり最初はアバウトでいいのです。

【1回 PC の前から離れないか?いや離れて。今すぐ。】

項のアドバイスで、大抵の人は気づきを得て実践できます。
しかしまだ一定数の人は、「それでも PC の前でピタッと固まってしまいます・・・」
という状態だったりもします。
こういう時はどうすればいいのでしょうか?
簡単です。一回 PC の電源を切り、なんなら箱に詰めて(嘘)、
そして紙を用意しましょう(これはやる)。こんな感じです↓
neta1
次にその時書きたいテーマを決めます↓
neta2
後は、それに関連事項を好きに書いていきます↓
neta3
こうしてその記事のテーマ・全体像を確認できたら、
後はそれに「てにをは」を付けて適当な順番に並び変えるだけです。
まぁ、さしずめ台本を作るってところですかね。
そういえば某有名 You Tuber も、台本をノートに書いてから動画を撮っているそうです。
追記:売れている You Tuber は大抵台本作りを行っているみたいです。凄い!
やはり、紙とペンはまだまだ捨てたものではありませんね。

【その他に意識すること】

の画像で若干ネタバレしていますが、
メルマガやブログで書く記事は論文や学生のレポートではありません。
強いて言うならエッセイです。自分の考えを好きに書く場面なのですから、かしこまらずにラフにいきましょう。
例えるなら「人と会話するイメージで文章を書く」といった感じですね。

【実はこの記事も・・・】

を隠そう、この記事も先のメモ書きから生まれました。
書いたのはたった9行でしたが、執筆段階で既に1000字を超えました
これはなぜかというと・・・全体像と流れが決まれば、後は書いていく中であれこれ浮かんでくるものだからです。
というわけで、もしあなたが PC の前でフリーズする場合は
「紙とペン自由筆記作戦」を敢行しましょう。
 
 

アフィリエイト記事の書き方(記事ネタ論)。

アフィリエイトで稼ぐために避けて通れないことがアフィリエイトのための記事を書くことです。
これはアフィリエイト手法がブログだろうが、SNSだろうが、メルマガだろうが関係ありません。
たとえYouTubeを使ってアフィリエイトをするのだとしても、その動画のシナリオはやはり「言葉」で作られるので、どっちにしろ言葉を書く力が要求されます。
なので今回はどのようにすればアフィリエイトの記事が書けるようになるのか、というテーマを深堀りしていきます。

【アフィリエイト記事の書き方】


フィリエイトをするからには、やはり記事(文章)を書いていくことになります。
これをやらずにアフィリエイトを成功させるのは不可能なことです。
だからこそ早い段階で記事作成に向き合い、そして慣れていきましょう。
ビジネスを続ける限り自分の言葉を伝える場面にたくさん出くわします。
つまり、ビジネスを辞めるその時まで言葉を伝えることから逃げられないということです。
(まぁ仕組み化すれば自動で売れますがその話は今回置いておきましょう)
なら早い段階で慣れてしまう方が気が楽だと思います。
というわけで、アフィリエイト記事(というより情報発信そのもの)の書き方をマスターしましょう。

【ブログアフィリエイト、メルマガアフィリエイトで書く文章とは?】


んなものセールスの文章に決まっているだろ!」と考える人は、書く記事書く記事すべてが売り込みの文章になってしまいますが大丈夫でしょうか?
どの記事を読んでも売り込みの文章なら読者は嫌になってしまいます。
確かにビジネスですからお金儲けのためにやるわけです。
これは間違い在りません。
でもコンテンツすべてにその色を出すのはちょっと違うんですよ。
ビジネスはお客さんの悩み解決のためにあります。
悩み解決できないならビジネスではないのです。
だからこそ、書く記事は悩み解決を前提として書く必要があります。

【アフィリエイトで稼ぐために悩み解決記事を書こう】


とえばダイエットの商品をアフィリエイトしたいなら、ダイエットにまつわる悩み解決の記事をたくさん書いていけば良いのです。
受験勉強の教材を売りたいなら、受験勉強にまつわる記事をたくさん書いていけばいいのです。
ちなみに悩み「解決」ですから、できれば何らかのノウハウやためになる記事を書きましょう。
「無料でノウハウを教えてしまうの?」と不安になるかもしれませんが、ここで変に出し惜しみをするから稼げないのです。
変に境界線(ここまで無料・ここから有料)を引こうとするから稼げないのです。
私は無料で講座を開いていますが、そこで展開しているものはすべてお金を支払って学んできたものです(総額は忘れました)。
無料で価値のある情報を提供することで、読者の信用を得られるようになります。
これがめちゃめちゃ大切なんですよね。
いってしまえば体験授業のようなものです。
私は過去に塾講師をしていたのですが、体験授業は全力でした。
(ちなみに体験授業を成功させてもインセンティブは無かったです)
(それでもなぜか燃えたんですよね~。なんでだろ・・・)
体験(お試し)で信用を得られなければ次はありません
その時提供できる知識はすべて伝えきるテンションで臨み、その時提供できる渾身のネタを披露し、「分かりやすい!面白い!」という反応を得られるように頑張ったわけです。
ここで「どうせ体験だから」と手を抜けば、もう終わりですよね。
アフィリエイトや情報発信でも同じです。
無料コンテンツこそ力を入れて全力で提供していきましょう。
「無料でこんな価値のあるコンテンツを提供してくれるなら、この人の有料サービスはどんなものなのだろう?」
そうお客さんに少しでも感じてもらえればあなたの勝ちです。

【記事をどう書くかなんて誰もが悩む】


フィリエイトで書く記事ネタは基本的にノウハウ記事(悩み解決記事)でOKです。
結局人がブログやメルマガの継続を断念する理由は記事ネタが思いつかないことにありますが、軸を悩み解決に絞れば書くことってたくさんありますよね。
伝え方や表現の仕方を変えていけばほぼ無限といってもいいでしょう。
それでも、どうしても記事ネタが尽きる時もあるでしょう。
それにノウハウ提供だけなら、正直ライバルと完璧な差を付けられませんからね。
ここであなたに、ノウハウ記事しか書けないライバルと圧倒的な差を付けるための策をお伝えします。

【あなたの視点記事にする】


は記事を書くとき無からネタを作っているわけではなく必ず「観察」から着想を得て記事を書いています。
・身の回りの現象
・日常で体験・経験したこと
・世間の出来事
・世界の出来事
・ネットのトピックス
・宇宙
まさしく、森羅万象の観察結果を自分の言葉に変換して記事にするということです。

【ワンポイントアドバイス】


事ネタありきではなく、現象ありきで考えましょう。
普段から意識的に物事に対して自分で感じたことをメモに取る習慣をつけておきましょう。
もっというと、日常のいろんなことにツッコミを入れていきましょう。
なぜかといえば、その瞬間に
「あ、これはこういうことだな!」
「いや、それは違うだろー!!」
「なんでそうなる(笑)」
と感じることができても、それはすぐに頭から消え去るからです。
私はこの経験を何度もしました。
なので今は、たとえ記事に反映できなかったとしても思ったことや感じたことをメモや音声に残すようにしています。

【私たちは観察者】


かが記事を更新するのに、そこまでしなきゃいけないのか・・・」
もしかすると、あなたはこう感じられたかもしれません。
確かに、面倒ですよね(;^_^A
お手軽とはいえません。
しかしこれを読むあなたは少なくとも、ブログやメルマガを単なる日記ではなく、情報発信のプラットフォームとして使っているはずです。
これが例えば、今日のランチとか今日着たものとか最近買った家電を紹介するだけ(事実を述べるだけ)なら、今回話した「観察」は必要ないでしょう。
(日記ブログを ディスっているわけではありません)
情報発信は、ただ情報を横流しにするのでは足りないのです。
その役目はニュースサイトに任せておきましょう。
私が考える情報発信(総論)とは、世間に横たわる事象・情報について自分というフィルターを通して再編集するという行為です。
そこには自身の思想が絡みます。
つまり情報発信とは思想を伝達する場でもあるのです。
そのためには、日々世界に目を向け観察し自分の考えを持つ必要があります。
また、本などを通じて自分の言葉を磨いておく必要もあります。
自分の目と言葉を鍛えましょう。私たちは観察者なのです。
それでは!
【追伸】
世界にナゼと問いかけよう。

アフィリエイト、ネットビジネスで稼げない時こそ遊べ!!

【え?どういうこと?】

い。どういうことでしょうか?
3秒差し上げますのでちょっと考えてみてください。123はいそれでは答え合わせです。
稼げない時こそ遊べの真意は、実はこの言葉の通りです。
一切のネットビジネスのための作業を中断し何か他のことをしてくださいということです。
映画を見る、読書する、ゲームをする、外出してどこかに行く、何か自分なりの好きなことをする(ま、趣味があればそれで)。
とにかくもう何でも良いのでやってください(できれば外に出てください)。
寝るのは最終手段です。
ネットビジネスをする人は、大抵真面目な人が多いです。
わざわざしなくて良いことをわざわざしているわけですから。
自分でビジネスをするなんて、相当意識が高くないとできないことです。
そうは思いませんか?

【真面目過ぎるほど、愚直過ぎるほど・・・】

はかえって損をします。かえって?いや相当損をします。
根詰めればいいというわけではありません。
努力と根性でやり切ればいいというものでもありません。
結果の保証されたモデルを選択し正しいノウハウで取り組まなければ絶対に結果は出ないからです。
私は情報発信の際に「真面目に取り組みましょう」「愚直にやれば必ず成功します」という旨の発信をすることがありますが、度が過ぎるのも考えものです
でも真面目な人ほど、うまく行かないときほど目の前の作業に意地でも没頭しようとします。
・意地でもブログ記事やメルマガを書く
・意地でもスッテプメールを組む
・意地でもサイト構成を整える
・意地でもバナーを作る
・意地でもLPやセールスレターを作る
確かにそういった食らいつく姿勢も大事ですが、考えが詰まった時ほどブレイクが必要です。
考えに詰まりながらウンウン唸ってできた作品ほどつまらないものです。
大抵お客さんの反応を取れるコンテンツはノリノリで超スピーディに創り上げたものが多いというのが私の感覚です。
アイデアとは「リラックスしている時ほど浮かぶ」ともいうではないですか。
その点は「三上(馬上・枕上・厠上)」という言葉でも示されています。
・馬上とは馬(現代でいえば何らかの乗り物)に乗っている状態
・枕上(ちんじょう)とは要するにベッドの上でリラックスしている状態
・厠上(しじょう)とはトイレを指しますが、「無防備」という意味ではシャワーを浴びている場合も含んでいいでしょう。
人はこういう状態にある時にアイデアが浮かぶと、大昔のどっかの中国人が既に解明してたのです。
※大昔のどっかの中国人→欧陽脩(おうようしゅう、1007 – 1072)
だからこそ、考えに詰まり思考が停滞した時はその場を離れ、何が別のことをした方が良いのです。
ちなみにこの記事自体も、私がシャワーを浴びる中でできあがりました。

【PCを開いてから考えているようじゃ遅い】

フィリエイトなどのネットビジネスで安定かつ継続して稼ぐ人は大抵、ビジネスに情報発信を取り入れています。
情報発信こそが自動化の鍵であり「ほったらかしで稼ぐ」を実現する唯一の方法だと知っているからですね。
そんな稼げる人間の情報発信に共通することは、PCの電源を点ける前にもうネタは仕上がっているということです。
つまり日常で生活する中で常に思考を張り巡らし(無意識の場合もあり)、漠然とではあっても1つの記事内容の全体像は頭の中で作ってしまいます。
それをしばらく反芻(はんすう)したら、後は機械的に文章に表していくだけです。
結局日常の観察の結果がこそが最高のネタになるということです。
確かにネットビジネスのノウハウや実践記を発信することで、それを求める人たちにアプローチすることができます。
もちろんこれも重要です。
でもこれって、みんなやっていることなんですよね。
そうなってくると差別化ができなくなり運よく自分の所に来た人にしかアクションを起こせなくなります。
理想は、既に他の情報発信者になびきかけていた人が、あなたの発信を見てあなたに乗り換えるという状態を作ることです。
ところでこれは補足ですが、稼げない人はPCを点けてから記事ネタを考えます。

【自分自身のコンテンツ化】

はこれまで、某高額スクール(価格帯は20万円~150万円)に3つ入り情報発信について深く学んできましたが、やはり大枠で共通しているのはこの「自分自身のコンテンツ化」ですね。
この表現が的を射ているかはちょっと自信がありませんが、要はノウハウやテクニックよりも最後は「自分」が決め手となるということです。
「あー、つまりはブランディングってことでしょ(´・ω・`)?」と思われたかもしれませんが、私はその一言では片づけられないものだと考えます。
ブランディングは「そういう自分」を演出することですが、「自分自身のコンテンツ化」とはそういう要素+「自分はこう思う」
という本音を織り交ぜていくものと考えているからです。
だから素で勝負するということです。
そしてその素の自分を嘘偽り無く表現するには、常日頃から世の中を観察して自分なりの考えを持っておくことが大切です。
そのためにはやはり、ひたすらPCと向き合うよりも定期的に外に出て「生」の世間を体感することも重要です。
書店、喫茶店、駅、電車内、雑踏・・・
いろんなところに足を踏み入れて観察してみましょう。
プラスして、読書を通じて先人たちから学び思考をブラッシュアップしておけばより上質なアウトプットが可能になります。
そんなお話でした。
■参考

文章術についての無料教材を差し上げます
★おすすめ★
ネットビジネスで安定かつ継続して稼ぐための無料講座