タグ別アーカイブ: ライティング

アフィリエイトはコピペで稼げる?

【アフィリエイトはコピペで稼げる?】

ピペで稼ぐ」(ネットビジネス版)・・・要は他人の文章丸パクり(←違法です)or 誰かが用意した文章をそのまま使って稼ぐこと。
で、結論から言えば稼げ・・・ません(´・ω・`)
たとえこの業界トップの人たちが書いているブログやメルマガ、そして販売ページ(セールスレター)等々のすべての文章をそのままそっくり
丸パクりしてもです。
結局それは表面的なものを写し取っただけに過ぎず、販売者の意図なんて知る由もないからです。
ただ形を真似ただけで本質的なものが備わっていないのでやっぱり稼げないんですよ。
本質的なものとは例えば、スッテプメールを送る時のメールの種類やセールスレターで記載すべき事項(PASONA、QUEST、AIDMAなど)です。
売れている人たちはこの辺りの原理原則を理解した上で使い回しているだけです。
それだけ再現性が高いということですね。
そしてこれらのものはちょっと勉強すれば誰でもマスターできます。
なのに、その努力すら惜しんでコピペに頼ろうとするのはどうなんでしょね・・・

【まただ・・・】

録した覚えのないメルマガに心底辟易している今日この頃ですが、そんなメルマガのひとつから次のようなオファーが届きました。
例に倣って、「1日経った数分の作業で月収50万円!」コピペで日収10万円!」といった旨の文言が並んでいました。
「相変わらずだな~」と思うと同時に、「こんなものに引っかかる馬鹿、まだいるの?」と思わず首を傾げたくなりました。
・・・いるんでしょうね・・・

【「人工物」には誰も惹かれない】

ほどのオファーの内容をもう少し話すと、販売者側が用意した文章をメルマガ等で流してそこから新たに得たメールアドレスを販売者側に売って報酬を得るという仕組みです。
まぁ、そんなことはどうでもいいのです。
ここは「詐欺商材を断罪します!!」的なレビューサイトではありませんので(´・ω・`)
(あれ、マジで痛いのでマネしない方が良いですよ)
私はただ、「コピペで稼ぐ」・・・ここに疑問を感じているだけです。
そうはいっても販売者はプロでしょうから、それなりの(欲しがらせるような情弱向けの)文章を用意してくれています。
それを横流して後々お金になるなら、これほどおいしい話はありません。
しかし、2つの意味で購入者は損をします
1.自分のビジネスレベルは絶対に上がらない
2.こういったやり方はそもそも長続きしない
3.最悪、読者から嫌われる(というより高確率で嫌われる)
(あれ?3つになってしまいましたw)
特に1番目は深刻です。
結局自分でコンテンツを生み出す力が備わらないならこの世界で生きていくことはできません。
どこかで誰かに依存せざるを得ず、不安定な状態で彷徨うことになります。
・・・とにかく、です。
このような安易なやり方でネットビジネスをしようとするのは、非常に危険な考え方だと念押ししておきます。
読者は馬鹿ではありません。
血の通わない人工的な言葉には誰も惹かれないのです。
しかもそのどれもが耳に心地よい言葉で煽り倒すだけの文章ですよ。
「あ、これコピペだな」とすぐにバレます。絶対ですよ絶対。

【自分流を創ろう】

するにオリジナリティです。
こういうことをいうと「そんなのムリィ!」と思う人がいるのですが、それは思い込みです。
この世界に完全オリジナルなどありません
過去に誰かが発信したものを、また別の誰かが再構築しているだけなのです。
私が発信しているものも、すべて過去に誰かが発信したものです。
「それって、コピペなんじゃないの?」鋭いあなたはこう思ったかもしれません。
しかし違います。コピペではなく、再構築です
私は、私が吸収してきたことをそのまま吐き出しているのではなく、吸収してから自分というフィルターを通して私自身の切り口で改めて発信しているのです。
この自分フィルターには私の経験やその他諸々の知恵などがあるため、吸収した知見もそれらと結びついて新たな知恵へと昇華されます
これがオリジナリティです。

【ノウハウに著作権は無い】

えばネットビジネスには様々な手法があり、それぞれに様々なノウハウが存在します。
いくつか教材を買ってみると分かるのですが、ほとんどが似たようなノウハウを解説しています。
あとは販売者自身の見解を交えながらちょっとしたオリジナリティを付加している感じです。
この時点で他者との差別化が生まれます。
もちろん販売者自身の切り口で創り上げた完全オリジナルノウハウもありますが、
それはごく一部であることがほとんどで、大抵は過去にも誰かが語っていたものを再発信しているような状態です。
これが悪かといえばそんなことはありません。「ノウハウ」というものは、常にこうして再利用され続けるものです。
例えば英語の勉強法ひとつとっても、過去に誰かが開発したものを次代が受け継ぎ後進に伝えるわけですよ。

【だからこそ、あなたもできる】

はそれぞれが違う人生を歩む以上、それぞれのフィルターができ上がります。
それらをきちんと通せば、あなた自身のものが必ずできるのです。なので気になった情報、場所、人、全てに手を伸ばして経験を積んでいきましょう。
そんなお話でした。