タグ別アーカイブ: 年収 結婚できない

時間とお金を交換することに問題があるわけじゃない←いや大アリだろ(´・ω・`)

【はぁ・・・】

るニュース記事へのコメントで「時間とお金を交換する生き方に疑問も持った方がいい」
という趣旨のコメントを残したところ、次のような返信がありました↓
Minstrel Web が私のコメントです。
jikan-oken
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なるほど。
この情弱ポンコツ返信者の場合、時間とお金を交換することに問題がるわけでは無く安い単価で自分の時間を売ることに問題があるとのこと。
裏を返せば、高い単価で自分の時間を売ることができれば問題は無いということになりますね。
そして、この方の後半の記述

自由を得るための条件がそんな程度だと思っているのだとしたら、本当の自由はいつまでたっても手に入らない。

最初、この言葉の意味がよく分かりませんでした。
つまり、私はコメントで「時間とお金を交換することに自由への壁がある」というようなことを述べたわけですが、
この方曰(いわ)くそんなところに問題はないと。
仮に「自分の時間とお金を交換する世界」から脱出できても、本当の自由は手に入らないと
・・・?
ん~まぁ言いたいことは分かりますよ。
所詮自由の定義なんて人それぞれですからね。
自由過ぎることが逆に苦痛になってしまう人もいますから。
何ものにも縛られない完全なる自由というのも考えものなのかもしれません。
でも、私は自己満足の自由を手にするためなら返信者の「その程度」のこと、つまり「自分の時間とお金を交換する世界から抜け出す」ことで自由は手に入ると考えます。
好きな時に、好きなことを、好きなだけする。
完全なる気ままな人生。自適(自分にとって心地よい)の極致。
何もしなくてもいいという選択肢を、経済的自由の保障の下に受け入れた人生。
最高にサイコーじゃないですか?
傍から見れば100%ニートみたいな生活をしていても、ネット上に創り上げた仕組みから収益が発生しきちんと社会に※お金を流通させながら生きることができる人生。
(しかも月に流すお金は数百万円単位でサラリーマンの給料の倍以上)
私が築き上げた人生は所詮「その程度」の自由です。
でも、「その程度」の自由すら手にできず苦しんでいる人が、果たして世間には何人いるのでしょうか?
私は東京メトロに乗るたびに、死んだ目のサラリーマンを見て「大変だなぁ」と思います。
きっとあの死んだ目のサラリーマンの中で、今よりも100倍の時給を出されて、今の職場に残るという人はたったの1人もいないでしょうね。

【返信者の意見、「とっくに時代遅れ」説】

もそも、私の哲学からすればこの方の意見は少々時代遅れです。
(って返信したら怒られそうなのでここだけの話に)
(悪かったなビビりで笑!)
そもそも、高い単価で自分の時間を売れるならそれに超したことはないですよね。
時給でいったらいくらでしょうか?8万円くらいですか(笑)?
でもそんな職業ってかなり限られてきますよね。
というより、時給の世界で戦い続ける限りやっぱり自由になれません。
・指定された時間に
・指定された場所に行き
・指定された作業をする
この間に純度100%の自由意思が介在するスキマなんて1ミリもありませんからね。
これを自由とは言わんのです。
こんな状態では私がお説教を受けた「その程度」の自由すら手に入りませんよ。

【てか、いつまでも会社があると思うな】

ぜ、私が「時間とお金の交換」に疑問を持つべきと考えるか。
それは単に、
・「奴隷根性ではいつまでも自由になれませんよ」とか
・「汗水たらして働くのが美徳なのは戦後の価値観ですよ」とか
・「いつまでも国や企業の飼い殺し戦略に飲まれたままでいいのですか」とか
その辺の情報発信が言っていること言いたいからではないのです。
日本経済、世界経済を見てください。
大企業が潰れ、または吸収され、正社員でも簡単に首を切れるシステムの導入が検討され、非正規雇用が40%を超え、20年前に比べたら賃金が50万円も下がっている・・・
こんな社会で、どうしたら「高い単価」で自分の時間を売れるのでしょうか?
これでもまだ、組織に頼って生きる方が「正」なのかという話です。
こんな時代だからこそ、「自分で稼ぐ力を手にした方が良くないですか?」という意見は絶対的に的外れでしょうか?
この返信者は勤め人のようですが、正直な話、雇われの人(不自由人)に

自由を得るための条件がそんな程度だと思っているのだとしたら、本当の自由はいつまでたっても手に入らない。

といわれても説得力がありません。
起業したこともない人が起業の何たるかを語るくらい滑稽なことです。
貧乏な人が「人生お金が全てじゃない」と言うのがいかに滑稽であるかとも似ています。
学歴が無い人が「人生学歴が全てじゃない」と言うのが(以下略)
つまり「だから説得力がねーんだよ」って話。じゃぁあなたは、会社の看板を外しても生活に困らないだけの満足なお金を稼げますか?あなたの名前だけを使って。
あなたの言う「その程度」の自由は手に入るでしょうか?
そう問いたいですね(また説教されそうで嫌ですが)

【いいじゃん、「その程度」の自由で】

生は自己満足以外の何物でもありません。
全身の細胞から「最高だ!」と思えればそれでいいじゃないですか。
そのための条件が、私の場合は「その程度」の自由なのです
「その程度」の内訳:
・好きな時に、好きなことを、好きなだけできる自由
・好きな人に好きなだけ時間のプレゼントができる自由
・起きる時間も寝る時間も決まっていない自由
・値札を見ずに買い物ができる自由
・人口密度が少ない日を狙って旅行や遊びに行ける自由
これらすべて、「自分の時間とお金を交換する世界」から飛び出した結果手に入った「その程度」の自由です。
それでも私は大変満足しているので、これからも「その程度」の自由な人生を満喫しようと思います。
それでは!

You Tube コメント欄でボコボコにされる奴www・・・私です(´・ω・`).;:…(´・ω…:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラ..

https://www.youtube.com/watch?v=vA_uycmcgso

アフィリエイトやネットビジネスを「知っている」というのは、贅沢なことなんだ。

shutterstock_393757795

【意外にみんな知らないのね・・・】

 
フィリエイトを始めとするネットビジネス。
 
 
そこそこ認知されていると思う反面、
 
まだ全然知られていないということを今朝思い知らされました。
 
 
 
低賃金で苦しむ人を取り上げた動画(You Tube)に対して、
 
「そういう人たちこそネットで稼ぐべき」
 
「これは現実的な選択肢だ」的なコメントを残したところ・・・
 
 
affiliate-netbusiness-kasegu
 
 
という感じの返信がありました。
 
 
「40~60代がみんな~」の部分は確かにそうだと思います。
 
 
中にはパソコンが苦手な人もいるでしょう。
 
 
しかし、私がネットビジネスを教えている人の中には、
 
60代でも頑張って取り組んでいる人もいます
 
 
 
ちなみにこの方は、
 
私と出合うまでパソコン作業とは無縁だったそうです。
 
 
 
それでも指一本でキーボードを打つ状態から、
 
ブラインドタッチとまではいかないものの
 
両手を使ってキーボード操作ができるようになりました。
 
 
 
確かにみんながパソコンを使えるわけではありません。
 
 
でもそんな「技術的な壁」は、
 
訓練次第でいくらでも打破できることだけは言っておきます
 
 
 
 

【問題は2つめの返信】

 
が気になったのは2つめの返信です。
 
 

ネットで稼ぐってどうやって?
 
You Tube やヤフオクで稼ぐの?
 
そんなことで簡単に金を稼げたらみんなお金持ちですよ。
 
非現実的です。

 
 
まず私は、「ネットで稼ぐべき」とは言いましたが、
 
「簡単に」稼げるとは一言も述べていません
 
 
 
(こういう時に「簡単さ」を求めるのは頭の弱い証拠)
 
 
 
あなたが真剣にアフィリエイトなどのネットビジネスに
 
取り組んだことがあるならご存知の通り、
 
 
完全自動収入を実現するまでは
 
飽くなき検証と実践の繰返しだったはずです
 
 
 
 
決して「楽な」道のりではなかったでしょう。
 
 
 
本気でネットビジネスだけで生きようと思ったら、
 
一朝一夕とはいきません。
 
 
 
でも真剣に取り組むと決意し、半年~1年でも実践すれば
 
ネットから収益が発生する状態は実現可能なのです。
 
 
 
 

【You Tube?ヤフオク?はぁ???】

 
ました。
 
 
ネットで稼ぐといえばYou Tube、ヤフオク・・・
 
 
私が一番嫌いな「プラットホーム依存型モデル」です。
 
 
 
数十円レベルの報酬しか入らないYou Tube など論外です。
 
 
 
それならまだ物販であるヤフオクの方がマシですが、
 
結局は配送などの所作業は避けられませんので
 
人の手(バイトや社員)を借りずして
 
自由な生活を実現するのは厳しいでしょう。
 
 
 
それならば、在庫も無く流通も全てネットで完結する
 
アフィリエイト(情報コンテンツ関係)が一番自由に近いモデルです。
 
 
 
例えば私が推奨するメールマーケティングと組み合わせれば、
 
 
「集客→教育→販売」というビジネスの原理原則が自動で稼働し続け
 
パソコンに触らなくても勝手に収益が発生する状態までいけます
 
 
 
もちろん、最初からこの状態は無理です。
 
 
 
先述の通り、最初は検証と実践の繰返してですし
 
失敗することの方が多いでしょう。
 
 
 
それでも泣き言を言わず、弱音を吐かず続ければ、
 
1年以内にアフィリエイトで稼ぐ状態は実現できるのです。
 
 
 
低賃金で働いても、
 
1年後に待つのはせいぜい20円くらいの昇給です。
 
 
 
アフィリエイトなどのネットビジネスに取り組めば、
 
1年後に待つのはネット上からの自動収益です
 
 
 
 
どちらが良いかは、言うまでもなさそうですね・・・
 
 
 
 
 

【現実的でしょ。どう考えたって】

 
 
間を見渡せば分かるように、経済状況は先行き不透明です。
 
 
まさかという事態が数年おきにやって来ます。
 
 
「雇われ」で働く限り、どんなに高給であったとしても
 
会社の看板が外れた瞬間収入は0になります。
 
 
 
好待遇での転職に成功しても、
 
結局「雇われ」であることに変わりはないのですから
 
外部的要因に左右されるという枠からは脱出できていません
 
 
 
 
・好きな時に、好きなことを、好きなだけする
 
 
・生涯賃金を早々に稼ぎ終えてアーリーリタイアする
 
 
・値札を見ずに買い物をする
 
 
・思い立った次の日にはハワイに経つ
 
 
 
「この程度」の自由で良ければ、ネットビジネスで全て手に入ります。
 
 
 
もちろん何度でも言いますが、
 
そのためには「飽くなき検証と実践の繰返し」という
 
厄介なステップを踏まなければなりません。
 
 
 
覚悟を持って真剣に取り組めば1年で。
 
 
仮に1年で完了しなくても、
 
その後も諦めずにトライし続ければ遅くても3年以内に。
 
 
 
いずれにしても正しい方法をとり続ければ、
 
先に挙げたあの程度の「自由」は手に入ります
 
 
 
 

【あなたはかなりの幸運】

 
なたも私も
 
奇跡的にアフィリエイト等のネットビジネスに出会い、
 
その可能性を「きちんと」認識し、そして取り組んでいます。
 
 
 
今回のやり取りから、
 
私はそれが凄く幸運で贅沢なことだと思い知らされました。
 
 
 
 

まず、「ネットビジネス」を知るということ。

 
 
これが最大の関門なのかもしれません。
 
 
「ネットで仕組みを構築してお金を稼げる」※
 
ということを知らなければ、
 
一生「使われる身分」で終わることになります。
 
 
 
※(株やFXもネットで稼ぐ手段にはなりますが、
 
 外部的要因に左右される点や自動化ができないなどの点から、
 
 選択肢から外しています)
 
 
 

その可能性に「きちんと」気づけること

 
 
ネットビジネスを知ってもまだクリアではありません。
 
 
 
その可能性に気づけるかどうかが勝負です。
 
 
「ネットで稼ぐ?ないないwww」
 
 
「お金は汗水垂らして稼ぐもんだ」
 
 
「どうせ怪しい商売に違いない」
 
 
という思考になればその時点で
 
ネットビジネスで自由になる道は閉ざされるからです。
 
 
 
でも、あなたも私もそうはならなかった。
 
 
 
これはもはや奇跡です。
 
 
 
 

【そうか、これが「気づけた3%」か】

 
、ふとこのことを思い出しました。
 
 
私がかつてお会いした人(月収700万円)は、
 
 
「今ネットビジネスをやるかやらないかで、
 
 10年後は気づけた3%と
 
 気づけなかった97%でくっきり分かれる」
 
 
と言っていました。
 
 
あれから3年くらい経ちますので、
 
残り7年といったところですか。
 
 
 
この言葉を考えれば、
 
これからもネットビジネスやアフィリエイトという存在は
 
あまり知られず、知られても可能性に気づかれずに
 
時が流れていくのでしょう
 
 
 
少なくとも私たちは3%の側にいるわけですから、
 
このまま頑張っていきたいですね。
 
 
 
 
それでは!