タグ別アーカイブ: 年金 もらえない

年金、老後2000万、40代からの働き方、そんな話ばっか。

ここにきて本当に増えてきた話題。
それが、
・年金もらえない問題
・老後資金2000〜3000万円必要問題
・40代からの働き方どうする問題
である。


選挙で世界が変わると思っている方がどうかしている。
自身のアピール手段が未だに「爆音による自分の名前連呼」しか能が無い奴らが、なにか革新的な変化をもたらせると思う?
あれ本当にうるさいからやめてほしい。まじで殺意がわく。殺意しかわかない。
 


そもそも自分の稼ぎ口(収入源)を他の誰かにどうにかしてもらおうという根性が問題。
この20年で正社員の平均年収が50万円も下がっている現実を考えよう。給料は上がるんじゃなくて下がるんだよこれからも。
もし日本人がまともにお金(金融)の教育を受けていたなら老後の2000万だって現実的に個人で稼げただろうに。いやほんとに。
ま、国家の教育方針が優秀なサラリーマンを育てることにある以上、中途半端に個人で稼げるようになられては困るからお金の教育なんて絶対にしないんだけどねー
 


今日八重洲ブックセンターに行ったらまさにドンピシャなタイトルの本が。
それだけみんな、40代以降どうやって稼ぐかということに興味があるらしい。とはいえ知識が無いと結局肉体労働のバイトを選ぶことになる。
 


それでも老後(60代以降)に当たり前のように稼ぎ口が確保されているわけではない。
大して使いみちの無い人間をわざわざ経費をかけて組織においておくメリットが無いからだ。
 


さっきも言ったけど、ほんとうになんの知識も無いと、結局清掃やらコンビニやら安月給バイトしか選択肢が無い。
これからは、20〜40代は来る老後に向けてこれまでの常識とは違ったサバイバルの準備を、すでに50〜60代はなんとか今までのやり方で食いつなぐ準備をした方がいいね。
ネットビジネスを始めるのにおそすぎる年齢は無いが、現実問題若ければ若い方がいい。
というより、逃げ切れない若い世代こそ自分の力だけで(最終的には自分の時間を使わずに自動で)稼げる道を早々に確立したほうがいいと思われる。

終身雇用は崩壊、年金も危うい…中高年サラリーマンの絶望


そう。「終身雇用」なんてもはや近現代の歴史で載せてもいいくらいに過去の制度だ。
「今の時代のものではない」ことをそろそろ認識しなければならない。
それなのに、過去の制度を維持または復活させようなんて参勤交代や尊属殺を復活させることくらい馬鹿げている。
まぁ、それでも大多数の人は気づいてないんだけど。
でも、終身雇用制度も終わり、年金制度がもはや機能しないことはみんなうすうす気づいている。
だから国会議員もぽろっと本音をもらす。

 
国会議員の失言(本音)として撤回されてしまったけど、むしろ2000万円で自分の老後が安定するなら安いほうなんじゃない?
「2000万円を貯蓄するなんて無理!」という意見が多いけど、自分でビジネスを作って稼げば、すぐにとは言わないけど2年もあれば結構射程圏内に入ると思うけどなー。
いずれにしても、終身雇用制度は終わった。年金も終わった。
国の人間はもう
「副業でスキルアップを(これ以上給料上がんないから自分で稼いでね!)
「年金はもう無理だから自力で2000万貯めてね!(失言として撤回したけど本音だよ!)」
としか言えない。
だったらわかりやすい。自分で稼ぐ道を作ろう。
それに気づいた人たちはだんだん動き始めてる。
組織に属さず、完全に自分が支配する経済圏を作って、
年収1000万なんて最低ラインにも満たない世界で生きている
それがよほどクッソ面白くないのか、逃げ切り世代のオッサンたちからは・・・

しかしシニア世代からは「世の中のポジションとして、その人の人生として、どれだけの価値があるかな」「勤勉に、蟻のように働くのが日本人会社に属さないといけない。それが日本人の特性」「安定という意味では不安なところがあると思う。長女の結婚相手とかになるとちょっと考えてしまう」「だめ。今の典型的な若い連中は縦社会を嫌う。ルールがあるから自由がある。ルールがあることを煩わしいと思っていること自体がおかしい」と否定的な意見も聞こえる。

 
勤勉に、蟻のように働くのが日本人?
会社に属さないといけない?それが日本人の特性?
安定という意味では不安なところがあると思う?
ルールがあるから自由がある?
ルールがあることを煩わしいと思っていること自体がおかしい?
まったく。どこから突っ込めばいいのやら・・・
要するに「自分は若い時から不自由な思いをして奴隷生活を頑張ってやっと年金逃げ切り世代になれたのに、自分の孫の世代の若者が若くして自由に金を稼いで好き勝手生きるのはけしからん!」ってことでしょ笑?
完全に嫉妬じゃん。
もう勘弁してよ笑
蟻のように働くという奴隷根性とか、意味わかんない。
誰の人生をあなたは生きているの?
会社に属さなといけない?
その会社に属したところで、給料は最大でいくらもらえるの?
その会社は、今の若い人たちが定年を迎える頃まである?
会社に属すことが安定?今は40代で首を切られるのに?現実が見えて?
他人が作った100%他人の都合の良いルールが煩わしくなくてなんなの?
それを煩わしいって思えないことこそが、もう奴隷洗脳完了のお知らせなんだよね。
とまぁいろいろ思ったわけですよ。
古びた人間の「かくあるべし論」。
それを逃げ遅れ世代の20代が真似したところで未来はない。
これからの時代、安定は自分で生み出せる。
「適切なロジックに裏付けされた知識とスキルがあれば、
お金なんて簡単に生み出せるんだよオッサン」
と、この記事をみながら囁いたのでした。
■著者プロフィール



年金を心配している若者が多いみたいだけど、私はその「頭」が心配。

 
nenkin wakamono

【こんなアンケートがありました】

 
wakamono huan
 
 
引用元:中年並み?20代の不安1位は「年金」!!
 
 
うやら今の若者世代の心配事はもっぱら「年金」のようです。
 
 
あとは日本経済についても不安視していますね。
 
 
関連して収入格差についても不安があるようです。
 
 
これらの結果に関しては同感です。
 
 
確かに大企業では潤っているところもありますが、
 
それでもそれ以外の中小零細や地方都市はまだまだです。
 
 
つまり経済が思いのほかよく回っていない。
 
 
ウハウハなのはあくまでも大企業の住人だったり投資家だったりです(遠い目)。
 
 
理由はいろいろあるでしょうが、
 
分かりやすいものとしては「賃金」の安さでしょう。
 
 
サラリーマンの年収は下がり続けていますし(この20年で50万円ダウン)、
 
非正規労働者の賃金も相変わらず低いですよね。
 
 
(「同一労働同一賃金」なる議論は活発なようですが・・・)
 
 
だからこそ、貯蓄に回すお金を満足に確保できず
 
生活に必要な分を支出したらそれで終わりなのです。
 
 
(まさにライスワーク)
 
 
これを何年も続けるわけですから、そりゃ不安ですわな(´・ω・`)
 
 
ところで、今の若者(おそらくそれ以上の働く世代も)のライフプランって
 
こういった生活を老後まで続けて、
 
その後は悠悠自適な年金生活ということなのでしょうか?
 
 
若いうちから年金の心配をしているくらいですから、きっとそうなのでしょう。
 
 
「頑張って定年まで勤め上げたらその後は悠々自適に年金生活♪」
 
 
くらいの認識なんですかね・・・
 
 
ほーん(´・ω・`)マジでいってんの?って感じですが(笑)
 
 
 

【なら現実をなぁ!教えてやるよぉ!!(狂気)】

 
明するのメンドサいので他サイトから分かりやすい図を引用します↓
nenkin-moraerukingaku
 
 
引用元:驚愕!今30代の年金月額は15万円程度、
ウソだらけの年金の本当の受け取り額は?
 
 
いろいろごちゃごちゃ書いてありますが、
 
要するに「年金だけではどう考えても暮らせない」ということです。
 
 
例えば上の図から、今25歳で月50万円稼ぐエリート君がいたとして、
 
彼が65歳で貰える年金は、結婚していれば月16万円弱、独身なら12万円弱です。
 
 
独身者だとかなり厳しい現実が待っていそうですね。
 
 
でも仮に今の20代~30結婚がしても、将来貰える年金は月17万円ほどです。
 
 
果たしてこれで生活が立ち行くかどうかですよね。
 
 
家賃にしてもローンにしても10万円掛かるとして、
 
そこに光熱費等々でで2万円~3万円プラスされ
 
さらに諸々の支払いがあるでしょうから・・・
 
 
さて、最初の17万円から一体おいくら万円残るでしょうか。
 
 
 

【年金では生活できないから働く今の高齢者たち】

 
参考記事:貧困にあえぐ「下流老人」が急増~年金だけでは生活できない
 
 
て、「今」年金を受給してる高齢世代であっても、
 
こうした現実に直面している人もいるわけです。
 
 
(まぁ厚生年金に加入していない、離婚で年金が減ったなど個別事情はありますが)
 
 
ちなみに、地方だと55歳上の求職者で溢れ返っています。
 
 
閑話休題。
 
 
つまり、今の若者が抱いている「夢の年金生活」は来ないということです。
 
 
今年金を貰える世代でこれです。
 
 
今の若者はこれからどんどん年金が減っていく世代です。
 
 
ということは、
 
どう考えても年金で暮らすなことなど明らかに無理がありますよね。
 
 
その前に年金制度自体が残っているかどうかすら怪しいですよ。
 
 
年金制度が崩壊したらどうなるか、その予想は簡単です。
 
 
その時の大臣が謝罪して終了です。
 
 
つまり一生懸命に年金の心配をしている場合ではないということです・・・
 
 
心配したところで待っている結末が機械的な謝罪なのですから。
 
 
私が言いたいことは「年金がもらえない!?政府何とかしろ!!」
 
とかそんなことではないのです。
 
 
まぁ、それは次回の記事で↓
 

お金と労働とこれからの社会。成功の再定義。


 
 
 

【追伸:個人で動けるようにしておいた方が絶対にいいと思うの】

 
流老人の記事を見るたびに
 
ブラック企業で苦しむ人の記事を見るたびに
 
大企業勤めだったのにがリストラされた人の記事を見るたびに
 
派遣切りに遭って次の仕事が見つからない人の記事を見るたびに
 
貧困家庭で苦しむ専業主婦(大抵風俗堕ち)記事を見るたびに
 
 
自分で稼げる力が無いとはかくも恐ろしいことなのかと痛感します。
 
 
誰かに自分のキャッシュポイントを委ねるというのは、
 
やっぱりどう考えても危険です。
 
 
自分の命を大して親しくもない他人に預けるってどうかしてますよ。
 
 
もちろん、そんなこといっても今の社会はそれで回っているのですから
 
私の言説自体がとんちんかんなものなのかもしれません。
 
 
ネットに上がる可哀相系の記事もかなりのレアケースを
 
大袈裟に取り上げているだけなのかもしれません。
 
 
でも、
 
それであってもやはり時代の流れから観れば個人で稼げる力を付けておかないと
 
ヤバい時代が来ます。というよりもう来ています。
 
 
誰でもできるような仕事をしているような人は特にマズい状況に立たされます。
 
 
別に今すぐ仕事を辞めて個人でビジネスを知ろなんて言いません。
 
 
(本当はそれが一番手っ取り早いのですがwww)
 
 
でも少しずつでもいいので個人で稼ぐ力を身に付け始めましょう。
 
 
では。

「年金破綻」全国で訴訟!恐怖の年金14万円減

 

昨日の「終身雇用を望む新入社員」の記事もそうだけど、結局「頼る」ことしか考えていない人があまりにも多い。
年金制度は遅かれ早かれもうガタが来ている。
「○○円減る」とかそんなレベルではなく、近い将来確実に無くなる。
では年金制度が崩壊したらどうなるのか。
その時の担当大臣が謝罪して終わり。いい加減現実を見よう。
訴訟に使う費用をビジネスの勉強に充てた方がまだマシ。

「年金カット法案」という決め付けに、若者は怒れ!

nenkin wakamono