タグ別アーカイブ: 情報商材 売り方

アフィリエイト商品は、特典を付けることで独自商品に変貌する。

-present-10983

【究極の差別化】

 
フィリエイトは自分で
 
商品を用意しなくていい分、
 
 
独自商品販売に比べてハードルは低いです。
 
 
 
 
 
しかし、
 
 
自分だけがその商品を
 
販売しているわけではないので、
 
 
ライバルとの熾烈な競争を強いられます。
 
 
 
 
 
勝つ方法としては、
 
 
まずライバルより先に自分を
 
見つけてもらうことが挙げられます
 
 
 
 
 
プラスして、
 
 
ライバルよりも文章力が
 
上であることが好ましいですね。
 
 
 
 
他の誰よりも
 
商品を魅力的に伝えることができれば、
 
 
お客さんはあなたの言葉自体に価値を感じ
 
結果としてあなたから買うことになります。
 
 
 
 
(ジャ○ネットの原理)
 
 
 
 
 
しかし、これを実現するためには
 
検索で上位に位置する必要があります
 
 
 
 
 
また、最近のお客さんは
 
複数のサイトを見比べる傾向があり、
 
 
必ずしも自分の所だけを見て
 
購入を決めるわけではありません。
 
 
 
 
 
つまり先に挙げた理想状態の実現は
 
かなり難しい話ということです。
 
 
 
 
 
 
 

【そこで、特典が出てくる】

 
フィリにおいて
 
ライバルとの圧倒的な差をつけたければ、
 
 
もうこれしか方法はありません。
 
 
 
 
特典を付けることで、
 
もはやその商品は既存の物とは別物になります
 
 
 
 
 
あなたの付加価値が加わることで、
 
通常版には無い魅力が備わるからです。
 
 
 
 
ですので、
 
 
アフィリする商品の価値を更に引き上げ、
 
効果を倍増させる特典を付けてみましょう
 
 
 
 
 
 
 

【特典は単なるオマケじゃない】

 
 
典=オマケ
 
という認識は間違ってはいません。
 
 
 
 
しかし、
 
このままの理解ではやはり足りないといえます。
 
 
 
 
 
先の説明を思い出してください。
 
 
 

「アフィリする商品の価値を引き上げ、
 
 効果を倍増させる」

 
 
 
これが特典の絶対条件です。
 
 
 
 
 
逆にこれができない特典は付けるべきではなく、
 
むしろそのままアフィリした方が良いですね。
 
 
 
 
 
 

【そんな訳にもいかないでしょうから】

 
 
は言っても、
 
 
やはりこれから先のアフィリ業界は
 
特典をきちんと付けられる人が生き残ります。
 
 
 
 
ですので、
 
特典企画力から逃れることはできません。
 
 
 
 
その商品に足りない部分、
 
又は加えたら更に魅力が増す部分を探り
 
 
特典を作成しましょう。
 
 
 
 
 
 
 

【情報教材でいえば】

 
報教材はアフィリの中で
 
最も売りにくい分野といわれています。
 
 
 
人は情報を買うということに
 
抵抗があるからです。
 
 
 
 
しかしこのボトルネックも、
 
特典を付けることで解消できます。
 
 
 
 
 
例えばその教材が上級者向けなら、
 
 
初心者でも実践できるような
 
独自マニュアルや動画講義を付ける。
 
 
 
 
PC作業を要する教材なら、
 
その部分を動画解説した特典を付ける。
 
 
 
 
教材のとある項目が言葉足らずと感じたなら、
 
その部分を補う特典(形式自由)を付ける。
 
 
 
 
 
このように、
 
 
その「教材を補強する」という視点に立つと、
 
特典は作りやすくなります。
 
 
 
 
 
 

【やってはいけない特典戦略】

 
くやりがちなダメなパターンとして、
 
教材大量系特典があります。
 
 
 
 
有料教材数百本を
 
特典として付けるパターンの特典戦略です。
 
 
 
 
 
これはともすると
 
有利な特典戦略に見えますが、
 
 
実際はノウハウが古くて使えなかったり
 
 
教材のリンクが切れていたり
 
 
そもそも
 
ジャンルが違う教材が紛れていたりと、
 
 
もらったところで
 
そんなに嬉しくないものばかりです。
 
 
 
 
 
それを付けるくらいなら、
 
 
教材について
 
ワンポイント解説する特典の方が
 
 
もう何万倍もマシですよ。
 
 
 
 
 
特典は量でごまかせる時代は終わりました。
 
 
 
 
 
これからは純粋に
 
その商品内容に沿ったものが、
 
 
特典としての価値を発揮することが許されます。
 
 
 
 
それでは!