タグ別アーカイブ: 情報発信 ブログ

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:アフィリエイトで行う情報発信は極端さを意識しよう。

netbusiness

【アフィリエイト、情報販売、そのどちらでもこれが超重要】

 
報発信ビジネスで重要な要素はいろいろあるのですが、
 
常に私が意識し、そして講座でもよく伝えているのは、
 
「情報発信では極端さを意識する」ということです。
 
 
どんなノウハウやテクニックを覚えても、
 
その情報発信に極端さが無いならぜーったいにネットビジネスで成功しません。
 
 
極端さの無い情報発信はネット上で空気です空気(´・ω・`)
 
 
つまり存在しないのと一緒ということですよ。
 
 
炎上を狙いに行け!とは言いませんが、
 
ある程度自分の思ったことはバシバシ言っていく姿勢は崩さないでください。
 
 
 

【私はエニアグラムタイプ1?】

 
前あるの読者から、私はエニアグラム(性格診断的なもの)でいうと
 
タイプ1」という指摘をいただきました。
 
 
タイプ1を簡単に説明すると、完璧主義な人間であり口癖が
 
「~であるべき」とか
 
「~でなければならない」なのだそうです。
 
 
私がネット上に上げてきたコンテンツを見て
 
その読者は私が「タイプ1」であると思ったのでしょう。
 
 
だとすれば狙い通りの評価です。
 
 
情報発信者は、ある意味で見込み客のリーダーです。
 
 
いや、ある意味どころか
 
絶対の信頼を置けるリーダーにならなければならないと、最近では思います。
 
 
「この人についていけば間違いない!」と思ってもらえれば、
 
これ以上の話はありませんからね。
 
 
読む人を一定のゴールまで連れて行かなければないりません。
 
 
そうなってくると、どうしても断言口調になります。
 
 
というより、断言口調にならざるを得ません
 
 
先導者が迷うわけにはいかないからです。
 
 
情報発信をすると決めたなら、
 
意識的に断言していくことが必要になってきます。
 
 
「~と思います」というセリフを多用してはダメです。
 
 
確かに、「~と思う」「かもしれない」
 
「断言はできない」といった表現は当たり障りなくていいですよね。
 
 
こういった表現を丁寧な語調でつづればまず敵は作らないでしょう。
 
 
でも、これでは情発信としてはダメダメなんです。
 
 
情報発信者は、
 
特にそれをビジネスに繋ぎたければ極端でなければなりません。
 
 
平均・平凡・一般は死を意味します。
 
 
この観点は、継続的に売れている作家でも
 
意識しているくらい大切なことです。
 
 
ただの日記と、情報発信の違いですね。
 
 
 

【ウザい敵が沢山できてからが、本当のスタートライン】

 
報発信ではファンを作ることが大切だと説く人は多いです。
 
 
確かにファンがいれば新規集客をして
 
1から信頼関係を築いていくよりも遥かにビジネスがし易いですよね。
 
 
ですがそれと同じくらい、アンチができることも重要です。
 
 
もちろん自分からわざわざ嫌われに行く必要なありませんが、
 
自分の主張を貫き通した結果できた反対者やアンチなら喜んでください
 
 
あなたの支持者が増えれば増えるほど、あなたの敵も増えます。
 
 
味方1000人なら敵もまた1000人いるのです。
 
 
好きな芸能人の上位にいる人は大抵嫌いな芸能人の上位にもいるものですが、
 
これなんかまさに良い例ですよね。
 
 
このことからも分かりますが、
 
結局のところ万人に好かれるのは無理なのです。
 
 
嫌われない努力をするくらいなら、
 
自分の主張をこれでもかと発信し続けて賛同者をどんどん集めていきましょう。
 
 
 

【狂信的なファンを作る。そのために断言するんだ】

 
してその賛同者を見つけるための鍵が「断言する」ことなのです。
 
 
意見や主張をはっきりと述べて際立たせることで姿をはっきりと示します。
 
 
そうすることであなたの賛同者(将来的なファン)があなたを見つけやすくなります。
 
 
ここで日和見を決め込んで
 
当たり障りの無いふんわりした表現にしてしまうともうダメですね。
 
 
帰ってください(´・ω・`)って感じです。
 
 
確かにそれまで物事を断言するという習慣が無かった人には
 
少々大変に感じるかもしれませんが大丈夫です
 
 
結局は「慣れた者(もん)勝ち」の世界ですからね。
 
 
逆にこういった発信レベルのところできちんと断言できるようにしておかないと、
 
いざお客さんに商品やサービスをオファーする際にまともにできなくなります。
 
 
「この商品ならあなたを変えると思います」
 
 
「きっと素晴らしい成果が出ると思います」
 
 
「これでまで他の商品で結果が出ていなくても、
 
 この商品ならその過去を覆せるかもしれません」
 
 
誰も買いませんよね(笑)
 
 
もしこれまでの情報発信で断言するということを避けてきたのなら、
 
ぜひこれからは今回お伝えしたように
 
積極的に断言をして主張を際立たせてください。
 
 
 

【補足:自分の主張が際立ったか否かの目安とは?】

 
かりやすいものとしては自分の投稿にコメントが付くことですね。
 
 
それが賛同コメントにしろ反対コメントにしろ、
 
あなたにわざわざコメントしてきたということは
 
あなたの言葉がその人の心に刺さった証拠です。
 
 
別の目安としては、メルマガの解除です。
 
 
メルマガが解除されたということは、
 
あなたの発信内容がその読者には気に食わなかったということです。
 
 
でも逆に、同じ内容で解除しなかった人もいるわけですよね。
 
 
ということは、今後は残った人たちにより喜ばれるような発信を心掛ければ
 
もっとファン化が進むということになります。
 
 
ちなみに、あなたがステップメールを組んでいて、
 
あるステップで解除が起きた場合、しなければならないことがあります。
 
 
次の2択から選んでください。
 
 
①スッテプの内容を当たり障りのないものにする
 
②ステップのメッセージ性をさらに強め、読者を突き刺す
 
 
さて、どれでしょうか?
 
 
それでは!

アフィリエイトで稼ぐコツ:アクセス元に合わせたコンテンツ発信を。

アフィリエイト、ネットビジネスで稼げない時こそ遊べ!!

【え?どういうこと?】

い。どういうことでしょうか?
3秒差し上げますのでちょっと考えてみてください。123はいそれでは答え合わせです。
稼げない時こそ遊べの真意は、実はこの言葉の通りです。
一切のネットビジネスのための作業を中断し何か他のことをしてくださいということです。
映画を見る、読書する、ゲームをする、外出してどこかに行く、何か自分なりの好きなことをする(ま、趣味があればそれで)。
とにかくもう何でも良いのでやってください(できれば外に出てください)。
寝るのは最終手段です。
ネットビジネスをする人は、大抵真面目な人が多いです。
わざわざしなくて良いことをわざわざしているわけですから。
自分でビジネスをするなんて、相当意識が高くないとできないことです。
そうは思いませんか?

【真面目過ぎるほど、愚直過ぎるほど・・・】

はかえって損をします。かえって?いや相当損をします。
根詰めればいいというわけではありません。
努力と根性でやり切ればいいというものでもありません。
結果の保証されたモデルを選択し正しいノウハウで取り組まなければ絶対に結果は出ないからです。
私は情報発信の際に「真面目に取り組みましょう」「愚直にやれば必ず成功します」という旨の発信をすることがありますが、度が過ぎるのも考えものです
でも真面目な人ほど、うまく行かないときほど目の前の作業に意地でも没頭しようとします。
・意地でもブログ記事やメルマガを書く
・意地でもスッテプメールを組む
・意地でもサイト構成を整える
・意地でもバナーを作る
・意地でもLPやセールスレターを作る
確かにそういった食らいつく姿勢も大事ですが、考えが詰まった時ほどブレイクが必要です。
考えに詰まりながらウンウン唸ってできた作品ほどつまらないものです。
大抵お客さんの反応を取れるコンテンツはノリノリで超スピーディに創り上げたものが多いというのが私の感覚です。
アイデアとは「リラックスしている時ほど浮かぶ」ともいうではないですか。
その点は「三上(馬上・枕上・厠上)」という言葉でも示されています。
・馬上とは馬(現代でいえば何らかの乗り物)に乗っている状態
・枕上(ちんじょう)とは要するにベッドの上でリラックスしている状態
・厠上(しじょう)とはトイレを指しますが、「無防備」という意味ではシャワーを浴びている場合も含んでいいでしょう。
人はこういう状態にある時にアイデアが浮かぶと、大昔のどっかの中国人が既に解明してたのです。
※大昔のどっかの中国人→欧陽脩(おうようしゅう、1007 – 1072)
だからこそ、考えに詰まり思考が停滞した時はその場を離れ、何が別のことをした方が良いのです。
ちなみにこの記事自体も、私がシャワーを浴びる中でできあがりました。

【PCを開いてから考えているようじゃ遅い】

フィリエイトなどのネットビジネスで安定かつ継続して稼ぐ人は大抵、ビジネスに情報発信を取り入れています。
情報発信こそが自動化の鍵であり「ほったらかしで稼ぐ」を実現する唯一の方法だと知っているからですね。
そんな稼げる人間の情報発信に共通することは、PCの電源を点ける前にもうネタは仕上がっているということです。
つまり日常で生活する中で常に思考を張り巡らし(無意識の場合もあり)、漠然とではあっても1つの記事内容の全体像は頭の中で作ってしまいます。
それをしばらく反芻(はんすう)したら、後は機械的に文章に表していくだけです。
結局日常の観察の結果がこそが最高のネタになるということです。
確かにネットビジネスのノウハウや実践記を発信することで、それを求める人たちにアプローチすることができます。
もちろんこれも重要です。
でもこれって、みんなやっていることなんですよね。
そうなってくると差別化ができなくなり運よく自分の所に来た人にしかアクションを起こせなくなります。
理想は、既に他の情報発信者になびきかけていた人が、あなたの発信を見てあなたに乗り換えるという状態を作ることです。
ところでこれは補足ですが、稼げない人はPCを点けてから記事ネタを考えます。

【自分自身のコンテンツ化】

はこれまで、某高額スクール(価格帯は20万円~150万円)に3つ入り情報発信について深く学んできましたが、やはり大枠で共通しているのはこの「自分自身のコンテンツ化」ですね。
この表現が的を射ているかはちょっと自信がありませんが、要はノウハウやテクニックよりも最後は「自分」が決め手となるということです。
「あー、つまりはブランディングってことでしょ(´・ω・`)?」と思われたかもしれませんが、私はその一言では片づけられないものだと考えます。
ブランディングは「そういう自分」を演出することですが、「自分自身のコンテンツ化」とはそういう要素+「自分はこう思う」
という本音を織り交ぜていくものと考えているからです。
だから素で勝負するということです。
そしてその素の自分を嘘偽り無く表現するには、常日頃から世の中を観察して自分なりの考えを持っておくことが大切です。
そのためにはやはり、ひたすらPCと向き合うよりも定期的に外に出て「生」の世間を体感することも重要です。
書店、喫茶店、駅、電車内、雑踏・・・
いろんなところに足を踏み入れて観察してみましょう。
プラスして、読書を通じて先人たちから学び思考をブラッシュアップしておけばより上質なアウトプットが可能になります。
そんなお話でした。
■参考

文章術についての無料教材を差し上げます
★おすすめ★
ネットビジネスで安定かつ継続して稼ぐための無料講座