タグ別アーカイブ: 貧困者消費

貧困層:消費される一コンテンツ。

【人は自分より下を見て安心する生き物】

れはある意味で人間に備わったある種の安全装置なのかもしれません。
自分より下の人間を確認することで「自分はまだ大丈夫」と言い聞かせ絶望に墜落する自身を引き留めます。
「自分は底辺じゃないんだ!!」と確認することで、明日も元気に生きていけます。
これが人間です。良いか悪いかは別として。実際、昔は意図的にその貧困層を作ったことがありました。
江戸時代頃にあった、「えた・ひにん」です。諸説あるにせよ、そういった人たちがいたことは事実でありまた彼らを見て安心していた人間が必ずいたはずです。

【貧困コンテンツ】

ットのニュース記事、テレビでの特集、そういったものではよく貧困層にスポットを当てた内容が発信されます。
もちろんそういったことを発信し、貧困問題について考える機会を社会に投げかける意味もあるのでしょう。
しかしまともに「問題提起」として受け取る人たちは果たして何人いるでしょうか?
そういった貧困問題解決に向けて動き出す人は何人いるでしょうか。
100人中10人もいないでしょう。
「なんだ、世間にはこんなにも可哀相な人たちがいるのか。それに比べて自分はまだマシな方じゃないか。大丈夫。自分は底辺なんかじゃない!!」
口には出さずともそう思考が走る人の方が多いのでは?

【下を見て安心している場合じゃない】

て、他人がいくら不幸な人生を送っていようがあなたには関係のないことです。
あなたの人生で重要なことはあなたがどう生きるかです
納得した人生を送っているかどうかです。
自分より不幸な人間を見て安心したとしても日常に戻れば自身もまた我慢と不満足に満ちた生活を送っているなら、自分が下を見て確認した人たちと大して変わりません。
下を見て安心する暇があるならどんどん上を目指しましょう。現在の不満足な状況を変えるにはどうすれば良いかを真剣に考えましょう。
この思考を持つことができれば、そうしない場合よりも3年後の人生が激変していることを保証します。
(もちろん良い意味で)

【発信者の意図を読め】

験や入試で高得点を取れる人は、問題出題者の意図を読むのが上手でした。
この原則を私たちも参考にしましょう。
そもそもなぜ、メディアのコンテンツはそういった「貧困もの」がよくあるのでしょうか。
もちろんセレブを取り上げたものも発信されることもありますが、「貧困もの」との比で考えれば・・・貧困:セレブ=9:1くらいではないでしょうか?
なぜか?
それは社会構造的に考えて貧困層が圧倒的に多いからであり、お金持ちの生活ぶりを見せつけられてもお金持ちの成功ストーリーを語られてても、世間の大多数の人間は面白くもなんともないからです。
だったら、自分たちよりも可哀相な生活を送る人たちを眺めていた方が楽しいわけですよ。見世物小屋は自分たちよりも本質的に劣っていると一目でわかる者を見るからおもしろいのです。
その辺のことをメディア側も理解しているのです。あとはそいったものを発信して見る者を貧困色に染め上げたいのかもしれません。

【厳重注意】

の際、メディアがどんな意図で貧困コンテンツを発信するのかなんてどうでもいいです。
「洗脳コンテンツを垂れ流すメディアを許すな!!」とかそんな講釈をぶつつもりもありません。
私のミッションは、自分で生きる力を手に入れたいと望む人にそのヒントを与えることです
だからこれより先は、その人に向けて話します。
あなたがもし、億万長者とは言わずとも生涯に渡りお金に困らない生活を送りたいなら金輪際「貧困コンテンツ」に目を向けないでください。
人は普段見聞きしているもので思考が作られます。
そしてその思考を基に行動し人生を作っていきます。
つまり、普段から「貧困コンテンツ」を積極的に探してはそれを見て喜んでいるなら、実は自分自身をその思想に染めているのと同じなのです。
結果、やがて自分も貧困になります。

【本当にかわいそうと思うなら圧倒的強者になれ】

なたが本気で貧困層の力になりたいと思うなら、圧倒的強者になってその人たちを助けてください。
助けるというよりは引っ張り上げてください。中途半端な実力の人間が同情したところでかえって迷惑なだけです。
でも、私はあなたが圧倒的な実力を付けた暁にはまず別のことに取り組んでいただきたいと思います。
それは、あなたの近くにいる人をまずは幸せにすることです。
名前も良く知らないどこか遠くの人よりもまず、自分の大切な人を笑顔にしましょう。

貧困層コンテンツ:消費される貧困者たちと「可哀相テレビ」

 

【コンテンツ(見せ物)としての貧困層】

 
道番組で人気なジャンルといえば貧困問題です。
 
 
ドキュメント系でもそうですよね。
 
 
逆に、ぐうの音も出ないほどの「経済的成功者」や「億万長者」を
 
取り上げる番組はごくたまにしか見かけません。
 
 
また直接的に「貧困」であることをピックアップしなくても
 
取材対象者は明らかに下流~貧困層です。
 
 
なぜでしょうか?
 
 
深刻な社会問題として取り上げて国(世界)の現状をみんなで考えるため?
 
 
道徳の授業ならこれで○が貰えますが、ここは学校ではありません。
 
 
さぁ!もっと本音で考えてみましょう。
 
 
単純に「他人の不幸は飯が美味い」の精神が人間にはあるからです。
 
 
口ではどう言おうと、下を見て安心する心理は誰にでもあります。
 
 
だから貧困ネタはバカウケするのです。
 
 
しかも皮肉なことに、貧困層は数が多いという・・・
 
 
むしろこれからどんどんその種類も増えていくでしょう。
 
 
数年前はネカフェ難民、派遣切り、年越しホームレス。
 
 
最近は盛りだくさんです↓
 
 
・貧困女性(貧困シングルマザー)
 
 
・下流老人(老後破産問題)
 
 
・貧困家庭(修学旅行に行けない子供)、転じて子供の貧困問題
 
 
貧困家庭(低所得層)の子供の学力低下問題
 
 
・非正規労働者、ワープア、早期退職を強いられた会社員
 
 
などなど。
 
 
年を追うごとに新たな貧困のジャンルが追加されていきます。
 
 
こうして彼らは次から次へと消費されていく・・・
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【危機感を煽るテレビ・その他メディア】

 
うした貧困者たちを取り上げては面白おかしく報道するテレビですが、
 
彼らがすることはそこまでです。
 
 
後はVTRを見たコメンテーターが神妙な顔をしながら
 
模範解答通りのクソつまんねーコメントを投げてコーナーは終了します。
 
 
私がメディアのこういった姿勢を認知し始めてから
 
少なくとも10年以上はこの有様です。
 
 
なのでおそらく、これからますます先貧困層が激増する社会では
 
もっとバラエティ溢れる貧困コンテンツで
 
視聴者を楽しませてくれることでしょう。
 
 
 

【そして忘れ去られていく貧困層たち】

 
年前にも派遣社員の抱える問題点を指摘する番組、
 
そしてその中で苦しむ派遣社員(切られた人も)を取り上げる番組は
 
結構な数がありました。
 
 
果たしてその後、彼らの生活は改善されたのでしょうか?
 
 
まずそれはないでしょうね。
 
 
もちろん、
 
テレビに取り上げられたから生活が向上するなんてことはないでしょう。
 
 
んなぁこたぁない。
 
 
それを抜きにしても結局のところ、貧困層コンテンツは視聴率を稼ぐための
 
エンタメのひとつに過ぎないわけで、
 
それらの番組は貧困層救済に役に立っていないわけです。
 
 
むしろ次から次へと新しい貧困層を取り上げるので、
 
過去の(無論、現在進行形)貧困者たちはどんどん忘れ去られていきます。
 
 
 

【メディアに洗脳されていませんか?】

 
ういった報道に嬉々として見入っているようではこの先心配です。
 
 
人は普段触れている情報に影響されながら人生を構成します。
 
 
観察のために一時的に触れるならまだしも、
 
「酒のつまみ」として日常的に消費しているようでは
 
間も無くその人自身が「酒のつまみ」となります。
 
 
テレビの報道に注意してください。
 
 
いつだって彼らはあなたを「洗脳」をしてきます。
 
 
「かわいそうテレビ」の制作陣は、
 
そもそもかわいそうなんて微塵も思っていませんよ。
 
 
彼らは「おもしろいコンテンツ」が作れればそれでいいのです。
 
 
「貧困」報道を量産して国民を洗脳し、貧困層を増やす。
 
 
何がしたいのかさっぱり分かりませんが、
 
とりあえずの防衛策としては「テレビを見るな」ということですね。
 
 
テレビを見ている時間が1時間もあるのなら、
 
その時間を読書やその他の勉強に充ててみましょう。
 
 
半年以内変化が現れ、1年後は別人になっています。
 
 
もはや周囲の人間とは話と価値観が合わなくっているはずです。
 
 
それはあなたが圧倒的に成長した証拠であり、
 
洗脳から解放された証でもあります。
 
 
 

【鎖を食い千切り、外に飛び出そう】

 
奇麗な常套句なんてどうでもいいと思えるなら、
 
もう真っすぐに自分で稼ぐ力を手に入れてしまいましょう。
 
 
その他大勢の一般大衆が貧困コンテンツで快感を得ている間に、
 
あなたはただ実力を磨き
 
誰にも、そしてどんな情報にも支配されない
 
あなたの好きなような人生を築き上げればいいのです。
 
 
21世紀はこれまでの時代とは全く違ったものになります。
 
 
10年前と今を比べてください。
 
 
技術的にいろいろなことが変わり、私たちの生活を便利にしました。
 
 
個人の手のひらに「ネット」が乗っかった時点で、時代は大きく動いたのです。
 
ネットの力で革命が起きたこともありましたね。
 
 
(確か2011年のジャスミン革命だったと思います)
 
 
あれは極端な例ですが、ネットの力を使うことで
 
どんな流れでも生み出すことができるということです。
 
 
革命さえ起こせてしまうのです。
 
 
だとすれば、
 
個人がお金を稼ぐことなど容易いことだとは思いませんか?
 
 
実際容易いですよ。
 
 
結果が出るビジネスモデルを選択し、
 
正しいノウハウを実践すれば高い確率で稼げるようになります。
 
 
あとはやるかやらないか。完全に個人の選択の範疇です。
 
 
自分で稼ぐ必要性に気づき準備を始めるか。
 
 
時代に合わないくたびれた制度を妄信し変化に気づかない人と共に沈むか。
 
 
全てはあなたの選択次第です。
 
 
ただひとつ言えることとしては、今後も格差は拡大し続けるということです。
 
 
それでは!